本文の先頭へ
LNJ Logo CNIC(原子力資料情報室)45周年記念連続講座(全4回、2020年10月〜2121年2月、オンライン)第4回「原発と気候危機」谷村暢子さん(2/2)
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
Event 1602046303219ma...
Status: published
View


2021/02/02 CNIC(原子力資料情報室)45周年記念連続講座(全4回、2020年10月〜2121年2月、オンライン)第4回「原発と気候危機」谷村暢子さん(2/2)

案内→https://cnic.jp/9502

※オンラインでの開催となります。
 以下のフォームからお申し込みください。
 https://tinyurl.com/yxrvvzfe

CNIC(原子力資料情報室)45周年記念連続講座

第1回 核のゴミの最終処分
日 時:2020年10月13日(火)18:30〜
講 師:伴英幸(NPO法人原子力資料情報室 共同代表)

 核のゴミの最終処分場に大きな動きが出ています。
 何が起きているのか、何が問題なのかを考えます。

----------------------------------------
第2回 容量市場−電力へのあらたな補助金
日 時:2020年11月17日(火)18:30〜
講 師:松久保肇(NPO法人原子力資料情報室 事務局長)

 電力システム改革の中でいくつかの電力市場が作り出されました。
 そのなかでも特に、発電能力を取引する容量市場は大きな問題を抱えています。
 複雑な容量市場の仕組みを読み解き、問題点を考えます。

----------------------------------------
第3回 何も生み出さなかった10兆円
日 時:2020年12月8日(火)18:30〜
講 師:松久保肇(NPO法人原子力資料情報室 事務局長)

 発電所は動いていてもいなくても、維持費が必要です。
 原発は特に維持費が大きく、2011〜19年にかけての非稼働原発の維持費は合計10兆円に上りました。
 この巨額の費用は電気料金を通じて電力消費者が負担しています。

----------------------------------------
第4回 原発と気候危機
日 時:2021年2月2日(火)14:00〜
講 師:谷村暢子(のぶこ)(NPO法人原子力資料情報室 スタッフ)

 気候危機が大きな問題となっています。
 日本を含むいくつかの国で、原発はこの問題の切り札とされています。
 しかし本当にそうなのでしょうか。

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について