本文の先頭へ
LNJ Logo 第102回 VIDEO ACT! 上映会『フツーの仕事がしたい』 〜フツーの運転手として/追悼・皆倉信和さん(東京・飯田橋)
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
Event 1601176514204st...
Status: published
View


2020/11/05 第102回 VIDEO ACT! 上映会『フツーの仕事がしたい』 〜フツーの運転手として/追悼・皆倉信和さん(東京・飯田橋)

=============================
■第102回 VIDEO ACT! 上映会 〜フツーの運転手として/追悼・皆倉信和さん〜
上映作品『フツーの仕事がしたい』
http://www.videoact.jp
http://videoact.seesaa.net/
==============================
■2020年11月5日(木)19時より

21世紀に甦る、リアル「蟹工船」。

「フツーの仕事がしたい」 ・・・状況の差こそあれ、心のなかで
そうつぶやいたことのある人は多いだろう。
本作は、数値的にみれば明らかに「フツー」ではない
労働環境に身をおく主人公が、労働組合の力を借りて、
「フツーの仕事」を獲得する過程を描くドキュメンタリーである。
この主人公の労働状況は特別ひどいケースでありながらも、
どこを切っても、いまこの社会を生きる自分につながっていると思わせる。

彼の口から「この業界では、フツーだと思っていた。」
「(運転は)好きなことだから仕方がない・・。」というような
言葉が飛び出すとき、観る者は彼の問題をぐっと身近に感じるはずである。
もし、あなたが毎日の暮らしに追われ、自分の労働環境について
立ち止まり考えたこともなかったとしたら・・・。

12年前に制作された記録映画『フツーの仕事がしたい』。
この映画体験は、おそらく自分がより良い状態で働き、
生きるための大きなヒントになるかもしれない。

<追悼>
本作主人公の皆倉信和さんは、2019年10月19日に
仕事中に急逝されました。享年49歳。

■上映作品
『フツーの仕事がしたい』
2008年/日本語/DV/カラー/70分(ブルーレイ上映)

監督・撮影・編集:ナレーション:土屋トカチ
出演:皆倉信和
取材協力:全日本建設運輸連帯労働組合、皆倉タエ、皆倉光弘
ナレーション:申嘉美
音楽:マーガレットズロース「ここでうたえ」 (アルバム「DODODO」より オッフォンレコード)
制作:白浜台映像事務所/映像グループローポジション
配給・宣伝:フツーの仕事がしたいの普及がしたい会
宣伝協力:ポレポレ東中野

■解説
皆倉信和さん(36歳)は、根っからの車好き。
高校卒業後、運送関係の仕事ばかりを転々とし、
現在はセメント輸送運転手として働いている。
しかし、月552時間にも及ぶ労働時間ゆえ、家に帰れない日々が続き、
心体ともにボロボロな状態。
「会社が赤字だから」と賃金も一方的に下がった。
生活に限界を感じた皆倉さんは、藁にもすがる思いで、ユニオン(労働組合)の扉を叩く。
ところが彼を待っていたのは、会社ぐるみのユニオン脱退工作だった。
生き残るための闘いが、否が応でも始まった。

■日時
2020年11月5日(木)
18時30分/開場 19時/開始
上映後、土屋トカチ監督を交えたトーク&ディスカッションを予定。

■上映会場
東京ボランティア・市民活動センター(03-3235-1171)
東京・飯田橋セントラルプラザ10階
東京都新宿区神楽河岸1-1
JR中央線・地下鉄飯田橋駅下車 徒歩1分

■参加費
500円(介助者は無料/予約必須)

■予約方法
参加希望の方は、上映会前日の11月4日(水)19時までに
下記へ「お名前」「参加人数」「連絡先」をお伝えください。
→Eメール:jyouei@videoact.jp
→電話:045-228-7996(ローポジション気付)

■上映会告知ブログ
http://videoact.seesaa.net/article/477562277.html

■問合せ:ビデオアクト上映プロジェクト
Eメール:jyouei@videoact.jp

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について