本文の先頭へ
LNJ Logo 予約制 企画展「80歳の列島あるき旅・石川文洋写真展 フクシマ、沖縄...3500キロ」(10/3〜12/20、横浜市)最終日
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
Event 1600844872804ma...
Status: published
View


2020/12/20 予約制 企画展「80歳の列島あるき旅・石川文洋写真展 フクシマ、沖縄...3500キロ」(10/3〜12/20、横浜市)最終日

案内→https://newspark.jp/exhibition/ex000212.html
チラシ→https://newspark.jp/exhibition/pdf_20200831.pdf

 ベトナム戦争の従軍取材で知られる石川文洋さんは、2018年7月から19年6月まで11か月をかけ、日本の北から南まで踏破しました。
 80歳の挑戦です。
 ゴール時には81歳になっていました。
 高齢に加え、心筋梗塞の既往症も乗り越えた快挙でした。

 北海道の雄大な自然を撮影した後、本州に渡った石川さんは東日本大震災や東京電力福島第1原発事故、阪神・淡路大震災、熊本地震などの被災地を訪れ、まだ癒えぬ傷痕を記録しました。
 また三沢や岩国などの米軍基地を巡り、郷里の沖縄では米軍基地建設で揺れる名護市辺野古や嘉手納基地、普天間飛行場などを撮影しました。

 本写真展では、石川さんが旅の途中に撮ったおよそ3万5000枚の写真の中から約120枚を厳選して展示します。

企画展「80歳の列島あるき旅・石川文洋写真展 フクシマ、沖縄...3500キロ」
会 期:2020年10月3日(土)〜12月20日(日)
開館時間:10時〜16時30分(最終入館は16時)
※感染症拡大防止のため、予約制・1日3回の入れ替え制を実施しています。
 詳しくは下記【利用案内】をご確認ください。
休館日:月曜日(祝日・振替休日の場合は次の平日)
会 場:ニュースパーク(日本新聞博物館)2階 企画展示室
    〒231-8311 横浜市中区日本大通11 横浜情報文化センター(受付は2階です)
    みなとみらい線「日本大通り駅」3番情文センター口直結
    JR・横浜市営地下鉄「関内駅」から徒歩10分
    アクセス→https://newspark.jp/information/
入館料:一般400円 大学生300円 高校生200円 中学生以下無料
主 催:共同通信社
    ニュースパーク(日本新聞博物館)
後 援:神奈川県教育委員会 横浜市教育委員会 川崎市教育委員会
協 賛:大塚製薬工場 大塚オーミ陶業 株式会社ニコンイメージングジャパン

【利用案内】
 開館時間は当面、10時〜16時30分(最終入館は16時)とし、館内の「密閉・密集・密接」状況の発生を防ぐため、予約制とします。
 さらに、1日の入館時間を下記のとおり3回とし、各回の合間に消毒など感染防止のための作業を実施します。
 館内の混雑状況によって入館人数を制限することがあります。
 1.10時〜12時      (最終入館11時30分)
 2.12時15分〜14時15分(  〃 13時45分)
 3.14時30分〜16時30分(  〃 16時)
 予約は電話もしくはメールで受け付けます。
 メールの件名は「見学予約」とし、見学希望日と時間・氏名・電話番号・人数をご記入ください。
  電 話 045−661−2040(休館日を除く、10時〜16時30分)
  メール hakubutsukan@pressnet.or.jp

石川文洋さん
 報道写真家。
 1938年那覇市生まれ。
 65年1月から68年12月までベトナムのサイゴン(現ホーチミン)に滞在、南ベトナム政府軍や米軍に従軍してベトナム戦争の最前線を撮影した。
 カンボジア、アフガニスタンなどの戦場や沖縄の基地問題の写真でも知られる。
 著書に『戦場カメラマン』『フォトストーリー 沖縄の70年』『日本縦断 徒歩の旅』『ベトナム戦争と私』など。

参照:https://maga9.jp/eventinfo/

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について