本文の先頭へ
LNJ Logo オンライン : 聡子の部屋 第10回「日本を取り戻す、おじさんたちから。」ゲスト能川元一
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
Event 1600353566025st...
Status: published
View


2020/10/30 オンライン : 聡子の部屋 第10回「日本を取り戻す、おじさんたちから。」ゲスト能川元一

第10回「日本を取り戻す、おじさんたちから。」(2020/10/30)
ゲスト:能川元一(大学非常勤講師)オンライン出演

憲政史上最長の在任日数となった直後の辞任表明でさまざまな憶測のなか終りを迎えた安倍政権。「安倍晋三」という政治家は右派団体や右派メディアの強い支持をうけるだけでなく、右派月刊誌にたびたび登場して右派との近さを隠そうともしなかった点で、自民党政権の首相の中でも異例の存在だった。マスメディアは「日本会議」との関係などキャッチーな部分にこそ目を向けたものの、右派の期待に応えるかたちで日本政府がコミットするようになった「歴史戦」―国際社会を舞台とする「歴史認識」の戦い―についてはほとんどとりあげなかった。歴史認識のなかでもとりわけ植民地支配の歴史に対するこの社会の意識が、7年を超える安倍政権時代に大きく変化したのではないか。

 また、第二次安倍政権は政策の“中身”に対する評価以上に、公文書の隠蔽や改竄、「痛感」はされても決して果たされない任命責任、縁故主義、恣意的な官僚人事、憲法53条に基づく国会招集要求の無視、不透明な「中抜き」など、政府への信頼にかかわる部分での疑惑が問題視された政権であり、同時にそうした疑惑を強引に乗り切ることに成功した政権でもあった。7年を超える長期政権は、安倍政権がもたらすとされるなにものか―例えば株価のような経済指標―のためであればこれらの不正義を看過する人々がこの社会に少なからずいる、ということの証でもあったわけだ。

安倍政権は終わってもその負のレガシーは私たちの前に残されたままだ。まずはその“査定”からはじめねばならない。

日 時:2020年10月30日(金)18:30開場/19:00開演
参加費:1500円

能川元一(大学非常勤講師)
1965年東京都生まれ、1996年大阪大学大学院人間科学研究科単位取得退学。専攻は哲学。同研究科助手をへて現在神戸学院大学他で非常勤講師。2000年代なかばからインターネット上のヘイトスピーチや歴史修正主義的言説に危機感をいだき、いわゆる「ネット右翼」を研究対象とすることを選ぶ。その後ネット右翼に主張の原型を提供している右派論壇へと関心の重心を移した。共著に『憎悪の広告』(合同出版、2015年)、『海を渡る「慰安婦」問題』(岩波書店、2016年)、『右派はなぜ家族に介入したがるのか』(大月書店、2018年)、『まぼろしの「日本的家族」』(青弓社、2018年)など。

【オンライン配信への参加方法】
配信は、YouTubeライブの限定公開にておこないます。
販売を締め切り次第(当日18:30ごろ)、お申し込み時にご入力いただいたメールアドレスへ限定公開用のURLをお送りいたします。そこから配信をご覧いただけます。
※申し込みされていない方とのURLの共有はご遠慮ください。また1つの画面を複数人で視聴する場合も、人数分のチケット購入をお願いいたします。URLが流出した場合、配信を停止することがあります。
※オンライン参加の場合は、質問などはできません。聞きたいことがございましたら、お申し込みの際にご入力ください。
※配信のトラブルで停止した場合は、 こちらでURLを再送いたしますので、しばらくお待ちください。お手元の映像が止まったけれども連絡が来ていない場合は、 ご自身の設定や回線をお確かめください。
※配信映像は、1週間程度限定でアーカイブ配信いたします。ネット環境等のためにオンライン配信を見られなかった方はこちらをご利用ください。

【会場での参加をご希望の方へ】
こちらの注意事項をよくお読みのうえお申し込みください。
新型コロナウイルス感染防止の観点から、会場参加は事前にお申し込みいただいた方に限定しております。お申し込みなく来店された方は、入店をお断りすることがございますので、ご注意ください。

会場:Readin’ Writin’ BOOK STORE
〒111-0042 東京都台東区寿2-4-7

【聡子の部屋とは?】
ジェンダー、外国人差別、排外主義、LGBT、原発、基地、オリンピックなど、いま日本社会はさまざまな問題を抱えています。
この状況を私たちはどう受け止め、変えていくために、どんな行動をとればいいのでしょうか?
この連続イベントでは、幅広い交友関係を持つ社会学者の梁・永山聡子さんが、いま会いたい人たちをゲストに招き、現在の取り組みや今後について迫ります。

東京・田原町にある書店「Readin’Writin’ BOOKSTORE」で月1回開催します。途中の回だけの参加も大歓迎です。

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について