本文の先頭へ
LNJ Logo 8/15までに申込み オンライン連続講座「現代韓日・朝日関係の「棘」−日韓基本条約の考察」第1回「日韓・日朝関係をどう解きほぐすか」吉澤文寿さん(8/29)
Home 検索
 


2020/08/15 8/15までに申込み オンライン連続講座「現代韓日・朝日関係の「棘」−日韓基本条約の考察」第1回「日韓・日朝関係をどう解きほぐすか」吉澤文寿さん(8/29)

案内→http://www.arirang.or.jp/1250

 今年度の連続講座につきましては、ZOOMによるオンライン講座を順次開催することといたしました。

 アジア・太平洋戦争中に「徴用工として日本で強制的に働かされた」と訴えた韓国人4人に対して、韓国の最高裁判所が新日鉄住金に賠償命令を出した徴用工裁判から1年。
 「嫌韓」が煽られる今の日本で、日本の植民地支配責任を認め、問題解決に向けた行動を起こす必要があります。
 日韓国交正常化とその後の日韓・日朝関係を振り返りつつ、日韓基本条約及び請求権協定などの意味を考えていきましょう。

2020年度第1回文化センター・アリラン連続講座(全8回)「現代韓日・朝日関係の「棘(とげ)」−日韓基本条約(1965)の歴史的・現在的考察」第1回「日韓・日朝関係をどう解きほぐすか」
講 師  吉澤文寿さん(新潟国際情報大学教授)
開催日時 2020年8月29日(土) 14:00〜16:30
開催方法 Zoomにてオンラインで開催(100名定員)
参加費  500円(資料代)
※事前予約が必要です。
◆申し込み(8月15日締切とさせていただきます)
 申し込み先はNPO法人文化センターアリラン
 〒169-0072 新宿区新大久保1-12-1 第二韓国広場ビル8F(職安通り沿い)
 TEL 03-5272-5141(水曜日〜日曜日 11〜17時)
 Mail info@arirang.or.jp
◆申し込み後の手続き
 申し込み後に、参加費の支払い方法、その後当日参加までの流れについてご説明いたします。
 また、その詳細については近日中にホームページでご案内させていただきます。

※2020年度の連続講座「現代韓日・朝日関係の「棘」−日韓基本条約(1965)の歴史的・現在的考察」は、新型コロナウイルス感染症の影響で、日程を変更しなおし、オンラインで開催します。
 変更しなおした日程とラインナップにつきましては近日中にホームページでご案内させていただきます。

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について