本文の先頭へ
LNJ Logo 分断を乗り越える−辺野古新基地問題と向き合った沖縄の若者たち ドキュメンタリー映画「私たちが生まれた島 OKINAWA2018」公開(9/4〜、東京)
Home 検索
 


2020/09/04 分断を乗り越える−辺野古新基地問題と向き合った沖縄の若者たち ドキュメンタリー映画「私たちが生まれた島 OKINAWA2018」公開(9/4〜、東京)

ドキュメンタリー映画「私たちが生まれた島 OKINAWA2018」
劇場公開日 2020年9月4日

解説(映画.com:https://eiga.com/movie/92846/
 沖縄の基地問題について考え、行動する若者たちの姿を追ったドキュメンタリー。
 2018年、辺野古新基地建設反対を掲げる「オール沖縄会議」の結束にほころびが見えはじめていたが、同時に、生まれた時から米軍基地に囲まれて育った若い世代ならではの視点で基地問題に取り組み、行動する若者たちもいた。
 そして19年、辺野古新基地建設の賛否を問う県民投票で、沖縄の人々は基地建設に「NO」を突き付ける。
 そこには、かつてSEALsなどに参加し、県民投票実現に向けて奔走した元山仁士郎さんの存在や、米兵の起こす事件に現民が泣き寝入りを強いられる現実を目にし、村議会議員に立候補した元保育士の城間真弓さんの奮闘、そして戦争で激戦地となった伊江島で育ち、沖縄の過去と向き合おうとする高校生の中川友希さんらの姿があった。
 本作と同じく沖縄の基地問題を扱った「OKINAWA1965」など、ドキュメンタリー映画を多数手がけている双子の兄弟・都鳥伸也(とどり しんや)と都鳥拓也(とどり たくや)が、それぞれ監督・製作などを務めている。

作品情報
2019年|141分|16:9|カラー|日本|ドキュメンタリー
配給:ロングラン・映像メディア事業部
公式サイト:http://longrun.main.jp/okinawa2018/
予告編:https://www.youtube.com/watch?v=fV-XpX9tgeI

スタッフ
監督:都鳥伸也
企画:都鳥伸也 都鳥拓也
製作:都鳥伸也 都鳥拓也
撮影・編集:都鳥拓也

キャスト
ナレーター:小林タカ鹿(こばやし たかしか)

劇場・上映会情報:http://longrun.main.jp/okinawa2018/theater.html
劇場
東 京 アップリンク渋谷 2020年9月4日(金)〜
神奈川 横浜シネマリン  2020年10月上旬〜

上映会
尼崎平和のための戦争展
上映日:2020年8月22日(土)時間 10:00 14:00 18:00
会 場:尼崎市立中央北生涯学習プラザ
    〒660-0892 兵庫県尼崎市東難波町2丁目14-1
    アクセス→https://chuokita-plaza.com/about.html
    JR神戸線「立花」駅・「尼崎」駅から阪神バス乗車
    阪急神戸線「塚口」駅から阪神バス乗車
    地図→https://tinyurl.com/y4p87wkg
料 金:一般1,000円 中学生以下500円
主 催:尼崎平和のための戦争展
お問合せ:090-4902-8398

「私たちが生まれた島」上映会 静岡県沼津市
上映日:2020年8月29日(土)13:40〜 中止
会 場:プラザヴェルデぬまづ コンベンションホールB
    〒410-0801 静岡県沼津市大手町1丁目1-4
    JR沼津駅から徒歩3分
    地図→https://www.plazaverde.jp/access/
料 金:参加協力券1,000円、高校生以下500円
主 催:沼津平和委員会・新日本婦人の会沼津支部
問合せ:055-920-3016
情 報:都鳥伸也監督の舞台挨拶を予定しております。

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について