本文の先頭へ
LNJ Logo 国際シンポジウム 3・11から9年 どう伝える? 原発事故のこと〜オリンピックで埋もれさせない、福島のリアル〜(3/14〜3/15、福島市)
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
Event 1573556977717ma...
Status: published
View


2020/03/14 国際シンポジウム 3・11から9年 どう伝える? 原発事故のこと〜オリンピックで埋もれさせない、福島のリアル〜(3/14〜3/15、福島市)

案内→http://www.foejapan.org/energy/fukushima/200311.html#fukushima
チラシ→http://www.foejapan.org/energy/fukushima/pdf/200311.pdf

国際シンポジウム 3・11から9年 どう伝える? 原発事故のこと〜オリンピックで埋もれさせない、福島のリアル〜
 2020年3月14,15日 in 福島

 東京電力・福島第一原発事故から9年、オリンピック目前の3.11を迎えようとしています。
 原発事故は収束しておらず、被害は深刻です。
 原発事故の現状を見える化し、どのように次世代に伝えていくか。
 私たちに問われている課題について、当事者や国際ゲストとともに議論します。

【福島】
日 時:2020年3月14日(土)13:00〜18:00、15日(日)10:00〜18:15
会 場:
・14日…チェンバおおまち 3F多目的ホール(福島市大町4-15)
・14日…福島駅から徒歩10分
・14日…地図→https://tinyurl.com/qsxxpla
・15日…福島県文化センター(福島市春日町5-5)
・15日…地図→https://tinyurl.com/rtyqlvf
・15日…アクセス→http://www.culture.fcp.or.jp/01access/index.html
プログラム(予定):
 14日 13:00〜18:00
 ・チェルノブイリの経験から(仮)
  アレックス・ローゼンさん(IPPNWドイツ代表)
  リクヴィダートルとしての経験から
  ウラディミール・セドニョフさん(元リクヴィダートル)
 ・ドイツのエネルギー政策
  ジルビア・コッティング=ウールさん(ドイツ連邦議会議員)
 ・フクシマ・アクション・プロジェクトによる報告
 15日 10:00〜18:00
 ・セッション1(10:10〜12:00)「福島の今」
  パネリスト:武藤類子さん(三春町在住)
        青木美希さん(朝日新聞記者)
        糸長浩司さん(日本大学生物資源科学部 特任教授)
        菅野 哲さん(飯舘村村民)
 ・セッション2:(13:00〜14:30)「隠された初期被ばく」
  パネリスト:菅野みずえさん(浪江町から兵庫県に避難)ほか
 ・セッション3:(14:45〜16:30)「どう伝える? 原発事故のこと」
  パネリスト:後藤忍さん(福島大学准教授)、ほか
 ・セッション4:(16:45〜18:15)「私たちがつくるエネルギーの未来」
  パネリスト:レベッカ・ハルムスさん(元EU議会議員、緑の党)ほか
参加費:無料
申込み:不要

主 催:FoE Japan
    ピースボート
    フクシマ・アクション・プロジェクト
後 援:生活クラブふくしま
    ドイツ大使館(申請中)
    パルシステム生活協同組合連合会
    ベルリン市
協 力:聖心女子大学グローバル共生研究所
    フリードリヒ・エーベルト財団
    みんなのデータサイト
    ふくしま地球市民発伝所
    ふくしま30年プロジェクト
協 賛:飯舘村放射能エコロジー研究会
    開発教育協会
    国際環境NGOグリーンピース・ジャパン
    原子力規制を監視する市民の会
    原子力市民委員会
    原子力資料情報室
    原発事故被害者団体連絡会(ひだんれん)
    さようなら原発1000万人アクション
    高木仁三郎市民科学基金
    日本国際ボランティアセンター
    パタゴニア日本支社
    避難の協同センター
    株式会社ラッシュジャパン
    JIM−NET(日本イラク医療支援ネットワーク)
問合せ:FoE Japan
    TEL: 03-6909-5983 E-mail:: info@foejapan.org

※当初パネリストのお一人として予定していたしていたアレクセイ・ネステレンコさん(ベルラド研究所所長)は、ご都合によりご欠席となりました。

【ゲスト・プロフィール】
ウラディミール・セドニョフさん Vladimir Sednjow
(ベラルーシ、元リクヴィダートル)
 1957年、ミンスク近郊のクルプキに生まれる。
 チェルノブイリ原発事故後、事故炉にて収束作業に携わる。
 火力発電技術士。
 1986年の事故時は26歳で2人の子どもがいた。
 1986年11月よりリクヴィダートルとしてチェルノブイリ原発の熱供給室や配管系統の作業を担当する。
 その後、ミンスクの原発を火力発電に改築する際に責任者も務める。

後藤忍さん(福島大学准教授)
 福島市在住。
 専門は環境計画、環境システム工学、環境教育。
 福島第一原発の事故後、福島大学放射線副読本研究会を組織し、独自の放射線副読本を作成。
 また、福島県環境創造センター交流棟「コミュタン福島」とチェルノブイリ博物館の展示内容の比較なども行っている。

レベッカ・ハルムスさん Rebecca Harms/元EU議会議員、緑の党
 2004年から2019年まで欧州議会の議員を務めたドイツの政治家。
 欧州グリーンパーティーの一部である連合90/緑の党のメンバー。
 2010年から2016年まで、欧州議会でグリーンズヨーロッパ自由同盟グループの会長を務める。
 放射性廃棄物の最終処分場候補地であるゴアレーベンの近郊の出身であり、70年代後半から反対運動に参加する。
 気候変動・エネルギー・原子力問題で積極的に活動する。

ジルビア・コッティング=ウールさん Sylvia Kotting-Uhl
/ドイツ連邦議会議員(連合90ドイツ緑の党)
 気候変動や核・原子力問題など環境政策全般に関する緑の党のスポークスパーソン。
 2005年より連邦議会議員。

アレックス・ローゼンさん Dr. Alex Rosen/IPPNWドイツ代表
 小児科医。
 2017年よりIPPNWドイツ代表。
 福島原発事故による放射線の健康影響について、論文執筆多数。
 また難民支援活動にも携わる。
 日本でのオリンピック開催とそれによる放射能問題の軽視に警鐘を鳴らし、ドイツや欧州で情報共有を呼びかけている。

武藤類子さん(三春町在住)
 1986年チェルノブイリ原発事故を発端に脱原発運動に加わる。
 2003年里山喫茶「燦(きらら)」を開店するも、福島原発事故で閉店。
 2012年東電旧経営陣の責任を問う「福島原発告訴団」を設立し、刑事告訴を行う。
 2015年原発事故被害者団体連絡会を設立。

青木美希さん(朝日新聞記者)
 北海道新聞で「北海道警裏金問題」、朝日新聞で「プロメテウスの罠」「手抜き除染」報道を手がけ、新聞協会賞を3度受賞した。
 近著「地図から消される街」(講談社)は貧困ジャーナリズム大賞、日本医学ジャーナリスト協会賞特別賞などを受けた。

糸長浩司さん(日本大学生物資源科学部特任教授)
 環境建築家、飯舘村放射能エコロジー研究会共同世話人、NPO法人エコロジー・アーキスケープ理事長。
 1993年から飯舘村での持続可能な住民参加の村づくりを指導してきた。
 住宅・農地・森林の放射能測定、村民意識調査、避難生活支援、シンポジウム開催、試験栽培、除染土壌再利用問題追及等の支援研究活動を継続している。

菅野哲さん(飯舘村村民)
 そうま広域シルバ−人材センター理事長。
 2009年まで飯舘村職員(参事兼産業振興課長)。退職後は村内で野菜農家。
 原発事故避難直後から村民有志と「負げねぇど飯舘」の組織化、県内各仮設住宅地に共同農園の開設、伝統食維持のための「いいたて匠塾」の世話人、村民の過半数が参加した東電賠償ADR申立の飯舘村民救済申立団副団長を担った。

菅野みずえさん(浪江町から関西へ避難)
 自宅は事故を起こした東電福一から27km帰還困難区域となり、浪江町から関西へ避難。
 畑を耕しながら浪江町の続きを暮らす。
 「事故を黙らない。それが67歳の私にできる原発を許した世代の責任の取り方だと思っています」という気持ちで、原発事故当時について各地で講演している。

ギルバート・ズィークマン=ヨーケンさん
Dr. Gilbert Sieckmann-Joucken/連合90ドイツ緑の党
 連合90ドイツ緑の党の地域支部のメンバー。
 再生可能エネルギーやエネルギー政策が専門。

マルティン・カストラネクさん Martin Kastranek/ハインリヒ・ベル財団
 キール在住。社会福祉士。
 ハインリヒ・ベル財団のシュレスヴィヒホルシュタイン州理事を1986年から務める。
 2000年代からベラルーシ、ウクライナ、ドイツで様々な原発事故やエネルギー問題などをテーマとした教育交流プロジェクトを実施している。
 2010年からは、「チェルノブイリと福島原発事故後の未来のためのアクション・ウィーク」というイベントをキールでの実施に関わっている。

ガブリエラ・シュルツェさん Gabriela Schulze
 ベラルーシの子どもたちの保養プロジェクトに参加し、自宅でも子どもたちを受け入れる。
 2010年からは「アクション・ウィーク」プロジェクトに関わり、カストラネク氏とともに「音声と写真による記録」プロジェクトを主に実施。

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について