本文の先頭へ
LNJ Logo 申込み 【現地報告会】リチウムイオン電池の裏側で―ニッケル採掘に伴う環境破壊・人権侵害の真実(11/20、東京・千代田区)
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
Event 1571582778179ma...
Status: published
View


2019/11/20 申込み 【現地報告会】リチウムイオン電池の裏側で―ニッケル採掘に伴う環境破壊・人権侵害の真実(11/20、東京・千代田区)

案内→http://www.parc-jp.org/freeschool/event/191120.html

 今年のノーベル化学賞はリチウムイオン電池の開発に貢献した吉野彰氏ら三名に送られることになりました。
 リチウムイオン電池は、携帯電話・スマホをはじめとする様々な電子機器に利用されるだけでなく、電気自動車を実用可能なレベルのものにした中核的技術として気候変動対策への貢献も高く評価されています。
 その技術に称賛が集まり、今後の技術発展にも期待が膨らむ一方で、その爆発的需要は私たちの目には見えにくいところで何をもたらしているのでしょうか?

 日本で生産されるリチウムイオン電池に欠かせない材料となるニッケルは、ほとんどがフィリピンで採掘されています。
 関わっているのは主に大平洋金属と住友金属鉱山―。
 その二社が操業しているリオツバ鉱山地帯とタガニート鉱山地帯にて目撃された最新の環境破壊、労働搾取について報告するほか、電池需要に押されて新たに拡張されようとしている鉱山計画やこれら鉱山にかかわる財政構造についてもご紹介します。

 気候変動対策で邁進したいところですが、一歩立ち止まってリチウムイオン電池の「裏側」を見てみましょう。

【現地報告会】リチウムイオン電池の裏側で―ニッケル採掘に伴う環境破壊・人権侵害の真実
■日 時:2019年11月20日(水)19:00-21:00
■参加費:500円(A SEED JAPAN/FoE Japan/PARC会員無料)
■会 場:連合会館 4F 402会議室
     東京都千代田区神田駿河台3-2-11
     アクセス→https://rengokaikan.jp/access/
■報告者:波多江秀枝(国際環境NGO FoE Japan)
     松本 光(国際環境NGO FoE Japan)
     田中 滋(アジア太平洋資料センター<PARC>)
■お申込方法:お申込みはコチラ→<PARCイベント申込フォーム>
■共 催:国際青年環境NGO A SEED JAPAN
     国際環境NGO FoE Japan
     アジア太平洋資料センター(PARC)
     Fair Finance Guide Japan
※本報告会は独立行政法人環境再生保全機構地球環境基金の助成を受けて開催します。
■お問合せ:特定非営利活動法人 アジア太平洋資料センター(PARC)
      東京都千代田区神田淡路町1-7-11 東洋ビル3F
      TEL: 03-5290-3455 FAX: 03-5290-3453
      E-MAIL: office@parc-jp.org

参照:http://www.foejapan.org/

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について