本文の先頭へ
LNJ Logo 「南相馬避難20ミリシーベルト基準撤回訴訟」報告会:裁判が問うているものは?(11/24、東京・渋谷区)
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
Event 1571316862881ma...
Status: published
View


2019/11/24 「南相馬避難20ミリシーベルト基準撤回訴訟」報告会:裁判が問うているものは?(11/24、東京・渋谷区)

案内→http://www.foejapan.org/energy/fukushima/191124.html

 2014年12月、政府は、南相馬市の特定避難勧奨地点について、年間積算被ばく線量が20ミリシーベルトを下回ることが確実になったとしてすべて解除し、その後、支援や賠償を打ち切りました。
 これに対して、近隣の住民808名が、仝衆の被ばく限度が年間1ミリシーベルトを超えないことを確保するべき国の義務に反する、⊇嗣韻老り返し解除反対の意思を伝えたが、その声が無視された――などとして、解除の取消しなどを求めて、2015年、国(原子力災害対策現地本部長)を相手取って提訴しました。
 いよいよ裁判は大詰めです。
 12月11日の第17回口頭弁論では、原告本人尋問が行われます。
 これに先立ちまして、あらためてこの裁判の意義、争点、ポイントを振り返り、原告の想いをきく報告集会を開催します。
 ぜひ、ご参加ください。

「南相馬避難20ミリシーベルト基準撤回訴訟」報告会:裁判が問うているものは?
日 時 2019年11月24日(日)13:00〜16:30(受付開始:12:30)
会 場 渋谷区氷川区民会館(渋谷駅から徒歩9分)
    東京都渋谷区東2丁目20-18
    地図→https://loco.yahoo.co.jp/place/g-Z1X7lDylmUc/map/
参加費 無料
申し込み 不要
内 容 裁判が問うているもの、裁判の経緯と争点、原告の想い など
主 催 南相馬避難20ミリシーベルト撤回訴訟支援の会
問合せ 南相馬避難20ミリシーベルト撤回訴訟支援の会 事務局
    国際環境NGO FoE Japan
    TEL: 03-6909-5983
    E-mail: info.minamis@gmail.com

--------------------------------------------------------
12月11日は、東京地裁へ! 原告のみなさんを応援しよう!
 いよいよ裁判も大詰め。6人の原告が法廷に立ちます。
 原告のみなさんを応援するためにも、傍聴席を満席にしましょう!

2019年12月11日(水)
 10:00〜 東京地裁前応援アピール
 11:00〜 第17回口頭弁論 東京地方裁判所103号法廷
 17:00頃〜 報告ミニ集会 東京地裁前
 チラシ(PDF)

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について