本文の先頭へ
LNJ Logo DVD上映会「ウイグル強制収容所から奇跡の生還」(12/22、兵庫・明石市)
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
Event 1570708732025ma...
Status: published
View


2019/12/22 DVD上映会「ウイグル強制収容所から奇跡の生還」(12/22、兵庫・明石市)

案内→https://www.amnesty.or.jp/get-involved/event/2019/1222_8365.html

 今、中国では少数民族、特にウイグル人が、突然、強制収容所に収監されるという事件が相次いでいます。
 特に中国北西部の新疆ウイグル自治区では、100万人に及ぶウイグル人やカザフ人が強制収容所に入れられ、強制的な「教育」や拷問が行われていると報告されています。

 同自治区で弾圧が強化されたのは、2017年3月「脱過激化条例」なるものが制定されたことが契機でした。
 宗教的あるいは文化的な表現が公私の場を問わずに「過激主義」と見なされ、「普通でない」あごひげを生やす、ベールやヘッドスカーフを着用する、イスラム教やウイグルに関する本や記事を所持する、定期的な祈り、断食、禁酒などが、摘発の対象となっています。

 2018年10月16日、同自治区の人民政府主席は、この収容所について「無料の職業訓練所だ」とコメント。
 しかし数多くの証拠は、これが強制収容所であることを示しています。

 アムネスティ日本は、昨年、収容所から奇跡の生還を果たした、オムルベク・アリさんを迎え、東京と大阪で講演会をおこないました。
 オムルベクさんは、新疆ウイグル自治区にある両親宅に滞在中、突然現れた警察官に連行されました。
 カザフスタン国籍をもつオムルベクさんは、カザフスタンの外交官たちの働きかけにより、8か月後に出所しました。
 出所した時には体重が40キロ減っていたといいます。

 現在の中国で何が起きているのか?
 貴重な講演会を録画したDVDを上映します。

DVD上映会「ウイグル強制収容所から奇跡の生還」
日 時:2019年12月22日(日) 14:00〜16:00(開場13:30)
場 所:複合型交流拠点 ウィズあかし 703号室(アスピア明石北館 7階)
    〒673-0886 兵庫県明石市東仲ノ町6番1号
    JR/山陽電車「明石駅」より徒歩3分
    ※専用駐車場はありません。
     アスピア明石の駐車場(有料)をご利用ください。
    地図→https://www.aspia-akashi.com/access
参加費:無料
スピーカー(DVD):
・オムルベク・アリさん
 1976年、新疆ウイグル自治区生まれ。
 ウイグルの収容所を体験した、数少ない生還者の一人。
 カザフ人とウイグル人の両親の間に生まれ、カザフ国籍を持つ。
 多言語に通じることから、カザフスタンの旅行会社に勤務していた。
 新疆東部にある両親宅に突然現れた警察官に身柄を拘束され「カラマイ市技術研修センター」の名の看板がかかる収容所に送られた。
 カザフスタン外交官たちの働き掛けで8カ月後に釈放された。
・水谷尚子さん
 明治大学専任講師。
 専門は現代中国史。
 著作に「中国を追われたウイグル人 亡命者が語る政治弾圧」(文春新書)などがある。

その他注意点:
※当日会場でのアムネスティ関連以外のチラシ配布は一切禁止いたします。
※天候により開催中止になる場合があります。

主催・お問い合わせ:
アムネスティ・インターナショナル日本 国内人権ネットワーク
E-mail:m27afe234c6k46@k.vodafone.ne.jp(担当:小谷)

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について