本文の先頭へ
LNJ Logo 中国問題講演会「建国70周年―中国は何をめざそうとしているのか、これからの 日中関係はどうあるべきか」(千葉・松戸市)
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
Event 1567992606695st...
Status: published
View


2019/10/20 中国問題講演会「建国70周年―中国は何をめざそうとしているのか、これからの 日中関係はどうあるべきか」(千葉・松戸市)

中国問題講演会「建国70周年――中国は何をめざそうとしているのか、これからの日中関
係はどうあるべきか」

【開催概要】
日時:10月20日(日)午後1時半〜4時半(開場1時)
場所:常盤平市民センター1階ホール 電話047-387-2529
松戸市常盤平3丁目30 新京成線常盤平駅南口より徒歩10分
※会場は定員150人ですが、とくに事前申し込みの必要はありません。
講師:山本恒人さん(大阪経済大学名誉教授)
資料代:500円
主催:日本中国友好協会東葛飾支部
問合せ:090-4077-2282福田

【開催趣旨】 
中国は今年10月、「中華人民共和国」として建国70周年を迎えます。文化大革命の混乱を
乗り越え、改革開放政策を機に急激な経済成長を遂げ、今やアメリカと肩を並べる「大国
」と称されるようになりましたが、他方、大国に上り詰めてきた故か、今、アメリカから
激しい経済制裁を受けて「米中貿易戦争」とまで言われております。その他、「逃亡犯条
例」改正を巡る香港市民の抗議デモ、少数民族への対応、「一帯一路」政策への不安など
、習近平政権が国内外に抱える問題は少なくありません。今回、中国経済に詳しい大阪経
済大学名誉教授の山本恒人さんを松戸に迎え、「中国の現状と今後」などにつき縦横・率
直にお話していただきます。日本と中国の「上手な付き合い方」を参加者とともに考えた
いと思います。

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について