本文の先頭へ
LNJ Logo 申込み ジャーナリスト講座「冤罪事件と報道――袴田事件から見る」フリーライター・小石勝朗氏(東京・千代田区)
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
Event 1567095432732st...
Status: published
View


2019/10/24 申込み ジャーナリスト講座「冤罪事件と報道――袴田事件から見る」フリーライター・小石勝朗氏(東京・千代田区)

《19年秋のJCJジャーナリスト講座》
「冤罪事件と報道――袴田事件から見る」
★10月24日(木)午後6時半から9時★
 講師:フリーライター 小石勝朗氏(元朝日新聞記者)

冤罪事件はどうして起きるのか。1966年に静岡県で発生した「袴田事件」を素材に、マスコミ報道の視点からその原因を探る。同時に、裁判員裁判の時代に警察・司法取材にあたる記者はどのような点を注視して報道するべきか、講師とともに考える。メディア志望の学生に向けて、事件取材のイロハも伝授。
(学生向け企画ですが、一般の方の受講も歓迎します)

【小石勝朗氏・略歴】
朝日新聞などの記者として24年間、東京、福岡、静岡、宮崎、沖縄などで勤務した後、2011年からフリーライター。冤罪、地方自治、原発・地域発電、子育て支援などの社会問題を中心に幅広く取材し、雑誌やウェブに執筆している。著書に『袴田事件 これでも死刑なのか』(現代人文社)。

会 場:日比谷図書文化館4階セミナールームA
   (東京・日比谷公園内、最寄りは地下鉄内幸町駅か霞ヶ関駅)
参加費:1000円(定員20人)
□受講ご希望の方へ□
要予約:参加ご希望の方は氏名、受講希望日、大学名(または職業など)、電話番号、メールアドレスを明記して、sukabura7@gmail.com にメールで申し込むか、日本ジャーナリスト会議(JCJ)あてにファクス(03・3291・6478)を。
お問い合わせもJCJ事務所 電話03・3291・6475(月水金の午後対応)

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について