本文の先頭へ
LNJ Logo 2019年全国介護学習交流集会 介護保険20年〜介護の現状と課題、改善方向を探る(11/10、東京・文京区)
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
Event 1566800488033ma...
Status: published
View


2019/11/10 2019年全国介護学習交流集会 介護保険20年〜介護の現状と課題、改善方向を探る(11/10、東京・文京区)

案内→http://www.zenroren.gr.jp/jp/
チラシ→http://www.zenroren.gr.jp/jp/kurashi/data/2019/190822_03.pdf

 2000年4月に施行された介護保険制度は、20年を迎えようとしています。
 2012年の第2次安倍内閣発足後、介護保険制度改悪のスピードが加速しています。
 この間、利用者負担や介護保険料は上がる一方で介護サービスは縮小。
 倒産件数も高止まりしています。
 いま、あらためて「介護の現状と課題、改善方向」を探ります。
 そして2020年の通常回会に向け、改悪させない、介護制度拡充のための運動をひろげましょう。

2019年全国介護学習交流集会 介護保険20年〜介護の現状と課題、改善方向を探る
日 時:11月10日(日)13:00〜16:30(開場12:00)
会 場:平和と労働センター・全労連会館 2階ホール
    〒113-8462 東京都文京区湯島2-4-4
    TEL:03-5842-5610(会館事務室)
    JR中央総武線「御茶ノ水駅」徒歩10分
    地下鉄丸の内線「御茶ノ水駅」徒歩8分
    地下鉄千代田線「湯島駅」徒歩13分
    地下鉄千代田線「新御茶ノ水駅」徒歩12分
    地図→http://www.zenrouren-kaikan.jp/kaigi.html#08
内 容:
▶報告「介護保険20年−介護の現状と課題」
    利用者家族、事業者、労働者から
▶講演「介護保障への展望−ケアの本質からみた介護保険改革の問題点と運動の方向」
    講師:佛教大学教授・岡崎祐司さん
▶会場からの質疑討論
    講師からの感想とまとめ
    行動提起
    集会宣言 など
※どなたでも参加できます!
※入場無料
主 催:2019年全国介護学習交流集会実行委員会
   (事務局:中央社保協、全日本民医連、全労連)
実行委員会:中央社保協、全日本民医連、全労連、建交労、全労連・全国一般、
      生協労連、福祉保育労、日本医労連、自治労連、東京地評、
      ホームヘルパー全国連絡会
連絡先:全労連介護・ヘルバーネット
    文京区湯島2-4-4 全労連会館 4階
    TEL03-5842-5611
賛同団体:日本高齢期運動連絡会、全日本年金者組合、
     公益社団法人 認知症の人と家族の会、
     21世紀・老人福祉の向上をめざす施設連絡会(2019.7.22現在)

岡崎祐司さん
 1962年京都市生まれ。
 専門は福祉・医療政策、地域福祉論。
 2018年より福祉国家構想研究会副代表。
 最近の著書『安倍医療改革と皆保険体制の解体』(大月書店、2015年)、『老後不安社会からの転換−介護保険から高齢者ケア保障へ』(大月書店、2017年)ほか

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について