本文の先頭へ
LNJ Logo 申込み 生物多様性連続セミナー第3回:東南アジアにみる生物多様性と人々のくらし(10/3、東京・渋谷区)
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
Event 1566122474945ma...
Status: published
View


2019/10/03 申込み 生物多様性連続セミナー第3回:東南アジアにみる生物多様性と人々のくらし(10/3、東京・渋谷区)

案内→http://www.foejapan.org/forest/biodiversity/191003.html

 私たちは、かつてない生物多様性の危機に直面しています。
 IPBES (生物多様性及び生態系サービスに関する政府間科学政策プラットフォーム)が今年5月発表した報告書では、生物種の多くが人間活動により脅かされ、地球規模での大絶滅が生じていること、およそ100万種が、今後数十年間のうちに絶滅する恐れがあることを報じています。
 直接的な原因としては、最も大きいものとして土地利用転換、次いで過剰伐採や乱獲、気候変動、汚染、外来種があげられています。
 こうした中、長年、地元コミュニティや先住民族により管理されている土地は、生物多様性が残されています。
 しかし、そうした土地でも、開発や収奪の波がおしよせています。
 今回は、川や山の自然のめぐみを、人々のどのように利用してきたのか、それが近年どのように変わろうとしているのかを、タイ・ラオスなどの事例を通じて考えます。

生物多様性連続セミナー第3回:東南アジアにみる生物多様性と人々のくらし
日 時:2019年10月3日(木)18:30〜20:30(受付開始:18:00)
場 所:地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)
    東京都渋谷区神宮前5-53-70 国連大学ビル1F
    表参道駅B2出口から徒歩5分
    渋谷駅から徒歩10分
    アクセス→http://www.geoc.jp/access/
参加費:500円(学生・FoE Japan会員は無料)
プログラム:
・ラオス、タイにみる生物多様性と人々のくらし
(木口由香さん/メコン・ウォッチ)
申し込み:下記申込みフォームからお申し込みください。
・一般の方→https://www.foejapan.org/event/event_form.html
・FoE会員→https://www.foejapan.org/event/spt_event_form.html
※当日参加も可能ですが、資料準備の都合上、なるべくお申込みください。
問合せ:FoE Japan
    TEL: 03-6909-5983
    E-mail info@foejapan.org
    当日問い合わせ:090-6142-1807

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について