本文の先頭へ
LNJ Logo 【要申込】消費増税をどう考えるか(その2)文京シビックセンター
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
Event 1564461082647st...
Status: published
View


2019/09/20 【要申込】消費増税をどう考えるか(その2)文京シビックセンター

座標塾第4回
消費増税をどう考えるか(その2)
――税率10%への引き上げとその対策の問題点
2019年9月20日(金)18:30〜21:00
講師・白川真澄(ピープルズ・プラン研究所)
会場 文京シビックセンター3階会議室(後楽園駅・春日駅)

 安倍政権は消費税率の引き上げを決めると同時に、増税による景気の悪化を防ぐためにと称して初めて100兆円を突破する予算を組んだ。当然にも、多くの疑問や批判が出されている。なぜ、富裕層や大企業に対する課税を抜本的に強化しないで、低所得層に重い負担をかける消費税の増税だけを行うのか。逆進性を緩和する措置として導入される食料品や日用品への軽減税率は、本当に低所得層の負担を軽くする効果があるのか。キャッシュレスでの商品購入への5%還元やプレミアム商品券の発行といった「減税」措置をとるのであれば、何のために2%の消費税率アップをするのか。社会保障の拡充のために消費増税をするのだと言いながら、なぜ、公共事業費や軍事費を増やすのか。
 こうした疑問や批判を検証しながら、安倍政権の消費増税の問題点を取り出し、望ましい税のあり方を考える。

◆参加費(一般)  1回1000円 ※要申込
◆文京シビックセンター3階会議室(後楽園駅・春日駅・水道橋駅;第5回は予定)
◆講師プロフィール
白川真澄
しらかわますみ。1942年生まれ。60年安保闘争、ベトナム反戦、三里塚闘争などの社会運動に関わりつづけ、90年代からは「地域から政治を変える」ことを追求。フォーラム90s、ピープルズ・プラン研究所など理論活動のネットワークづくりにも力を注いできた。著書に『左翼は再生できるか』(研究所テオリア)『脱成長を豊かに生きる−ポスト3・11の社会運動』(社会評論社)『脱国家の政治学』(社会評論社)『どこが問題!郵政民営化』(樹花舎)『格差社会から公正と連帯へ 市民のための社会理論入門』(工人社)『格差社会を撃つ ネオ・リベにさよならを』(インパクト出版会)『金融危機が人々を襲う』(樹花舎)ほか。

座標塾第15期(2019年3〜11月)
第1回 現代世界はどこへ向かうか
 日時 3月15日(金)=終了
 講師 白川真澄(ピープルズ・プラン研究所)

第2回 消費増税をどう考えるか(その1)
    ――日本の税のあり方を基礎から学ぶ
 日時 5月17日(金)=終了
 講師 白川真澄(ピープルズ・プラン研究所)

第3回 ローカリズムの時代へ
 日時 7月19日(金)=終了
 講師 高坂 勝(NPO SOSAPROJECT創設運営)

第4回 消費増税をどう考えるか(その2)
    ――税率10%への引き上げと対策の問題点
 日時 9月20日(金) 18:30〜21:00
 講師 白川真澄(ピープルズ・プラン研究所)

第5回 移民社会・日本の課題
 日時 11月15日(金) 18:30〜21:00
 講師 鳥井一平(移住者と連帯する全国ネットワーク代表理事)

◎ 連絡・申込先
東京都北区田端1-23-11-201研究所テオリア
TEL・FAX 03−6273−7233
http://theoria.info
email@theoria.info
(TEL・FAX・メール等でお申し込み下さい)

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について