本文の先頭へ
LNJ Logo ピースあいち特別展「水木しげるの戦争と新聞報道」−最前線の一兵士が見た「戦場」と言論統制下の新聞が伝えた「戦時」(7/16〜9/1、名古屋市)最終日
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
Event 1563171782766ma...
Status: published
View


2019/09/01 ピースあいち特別展「水木しげるの戦争と新聞報道」−最前線の一兵士が見た「戦場」と言論統制下の新聞が伝えた「戦時」(7/16〜9/1、名古屋市)最終日

案内→https://tinyurl.com/y2jgz28o

 漫画「ゲゲゲの鬼太郎」などで人気の漫画家水木しげるさん(2015年没、享年93歳)は、21歳のとき、陸軍二等兵として南方の激戦地ニューブリテン島(ラバウル)に送られ、戦場で片腕を失いました。
 そして、「戦争を体験した漫画家として、残さなければならない」と、自身の戦争体験をもとにした多くの漫画を描きました。
 本展は、『総員玉砕せよ!』『水木しげるのラバウル戦記』などの水木作品で、南方戦線を中心としたアジア・太平洋戦争をたどります。
 さらに、水木さんの「出征前手記」や当時の写真、戦地からの手紙、「私の履歴書」などで、死と向き合った若者の苦悩、強烈な戦地体験、その後の人生観にも迫ります。
 一方で、当時の新聞は、戦争をどのように報道したのでしょうか。
 「ニューヨーク・デーリー・ニューズ」「ロサンゼルスタイムズ」を含む実際の新聞記事の展示から読み取っていただけると思います。
 今年の夏は「ピースあいち」で、最前線の兵士が見た「戦場」と、言論統制下の新聞が伝えた「戦時」を体感してください。

「軍隊で兵隊と靴下は消耗品といわれ、兵隊は“猫”位にしか考えられていないのです。」
「僕は戦記物をかくとわけのわからない怒りがこみあげてきて仕方がない。多分戦死者の霊がそうさせるのではないかと思う。」
(『総員玉砕せよ!』あとがき)

 この夏、水木しげるさんの遺したメッセージをぜひ受け取っていただきたいと思います。

※夏休みのお子さんのために、「子ども用ガイド」をご用意しています。
 親子でクイズを解きながら展示を観ていくことができます。
※会場では、ゲゲゲの鬼太郎グッズや書籍も販売しています。

水木しげるさん
 1922年生まれ。
 鳥取県境港市で育つ。
 鳥取歩兵連隊入営後、ラバウルへ。
 復員後紙芝居画家となり、その後、貸本漫画家に転向。
 代表作は「ゲゲゲの鬼太郎」「河童の三平」「悪魔くん」など。
 戦記物は「娘に語るお父さんの戦記」「敗走記」他がある。
 2015年11月、逝去。

ピースあいち特別展「水木しげるの戦争と新聞報道」−最前線の一兵士が見た「戦場」と言論統制下の新聞が伝えた「戦時」
開催期間:2019年7月16日(火)〜2019年9月1日(日)
時 間:11:00〜16:00(最終日は15:00まで)
休館日:月曜日(通常は日曜日休館ですが、会期中は日曜日も開館します)
開催場所:ピースあいち 3階企画展示室
     〒465-0091 名古屋市名東区よもぎ台2-820
     アクセス→http://www.peace-aichi.com/access/
◆展示概要◆
○日中戦争から南方進出へ
 ‖席人寮鐐萋容
  ・真珠湾攻撃『コミック昭和史 3巻』『トペトロとの50年』より
  ・南方戦線の戦況(1942年)
   『コミック昭和史 3巻』『コミック昭和史 4巻』より
 ⊃緻擇靴欧訐鐓譴
  ・出征前の手記/作品「赤紙がきた場面」「軍装の兄と」
   /写真「鳥取連隊入隊前」「父の写真」
   /戦地から父に宛てた軍事郵便
 水木しげるが描いた戦争
  ・作品『ラバウル戦記』『総員玉砕せよ!』から
 て酳戦線の日本兵―報道から
 ソ戦への道のり―報道から
○水木しげる「私の履歴書(9)〜(15)」
○地元の新聞報道(1942年〜1945年)
○作品「運命のガダルカナルの戦い」「やがて戦い終えて」ほか
入場料:大人600円 小・中・高生200円
   (入館料大人300円 小・中・高生100円を含みます)
主催:戦争と平和の資料館 ピースあいち
協力:水木プロダクション
   ニュースパーク(日本新聞博物館)
   中日新聞社

※ピースあいちの設立・運営は、NPO平和のための戦争メモリアルセンター設立準備会が行っています。

参照:https://maga9.jp/eventinfo/

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について