本文の先頭へ
LNJ Logo 学習会「大逆事件とは何であったか―その現代的意味を考える」(東京・飯田橋)
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
Event 1563003134650st...
Status: published
View


2019/09/21 学習会「大逆事件とは何であったか―その現代的意味を考える」(東京・飯田橋)

第21回平和学習会を下記の要領にて開催します。
お誘いあわせの上、奮ってご参加下さいますようお願い致します。

【テーマ】:大逆事件とは何であったか―その現代的意味を考える
【報告者】:牧子嘉丸氏(「大逆事件の真相を明らかにする会」会員)
【主 旨】:「大崎事件」にみる最高裁再審棄却をはじめ、最近の裁判・司法の判断には国民の常識に相いれない事例が頻発しています。それは何に由来するのか。近代日本の最大の冤罪事件である「大逆事件」にその遠因を認め、天皇元首化が進めば必ず新たな「大逆罪」が生み出される可能性があります。戦争法・共謀罪・盗聴法による国民監視と弾圧が進むなか、強権に抗った明治の革命的先達の闘いと犠牲をふりかえり、その身をもって鳴らした警鐘の現代的意味を考えます。
【日 時】:2019年9月21日(土)13時半〜16時半
【場 所】:東京ボランティア・市民活動センター(TVAC)会議室B
    (飯田橋・セントラルプラザ10階)
(アクセス方法 https://www.tvac.or.jp/tvac/access.html)
【参加費】:300円
【主催・問い合わせ】:平和創造研究会(宇井宙)
 peacecreationforum@gmail.com
http://r.goope.jp/peacecreation

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について