本文の先頭へ
LNJ Logo 公益通報司法取引・自己認証制度 通報者保護はどこへ! 公益通報者 保護制度改正とその問題点(新ちょぼゼミ)
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
Event 1560561418248st...
Status: published
View


2019/08/28 公益通報司法取引・自己認証制度 通報者保護はどこへ! 公益通報者 保護制度改正とその問題点(新ちょぼゼミ)

●(8.28)オルタナティブな日本をめざして
(第32回):公益通報司法取引・自己認証制度 通報者保護はどこへ! 公益通報者
保護制度改正とその問題点(新ちょぼゼミ:光前幸一さん)
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2019/06/post-0ed37b.html

「企業や団体の不正をただすため、解雇や左遷などの報復を受けることなく内部告発
ができる法律を――。こうした思いを抱きつつ、公益通報者保護法改正に向けた審議
を見守ってきた関係者はいま、一様に沈み込んでいる。審議の舞台になっているの
は、内閣府消費者委員会の公益通報者保護専門調査会。その議論が大詰めを迎え、内
部告発者に不利益な取り扱いをした組織に対する罰則規定が法律にならないことが確
定したからだ。加えて、メディアに対する内部告発へのハードルは今より高くなりそ
うな雲行きとなっている。「消費者庁は公益通報を抑制する現行法の問題点を放置す
る一方、企業が不正を内部で握りつぶしやすい環境づくりに加担するのか」。内部告
発の経験者や弁護士らからはそうした批判が噴き出している(フリー記者・本間誠也
/Yahoo!ニュース 特集編集部)」。今回はこの問題にお詳しい弁護士の光前幸一さ
んにおいでいただき、今般の「公益通報者保護制度」改正の概要とその問題点につい
て解説をしていただきます。みなさまのご参加をお持ちしています。

講 師:光前幸一(こうぜん こういち)弁護士 
1977年に裁判官任官、1991年から弁護士開業し現在に至る。主な取扱い分野は企業法
務全般と環境法。労働法分野では、現在、日弁連・労働法制委員会委員、東京弁護士
会・労働法制特別委員会委員長、東京労働局・個別労働紛争あっせん委員等を務めて
いる

 <次 第>
日 時:2019年8月28日(水)18時〜21時(開場17時30分) 
会 場:スペースたんぽぽ 参加費(資料代含む):800円(学生400円)
 たんぽぽ舎のあるダイナミックビルの4階 JR水道橋駅西口から5分
 水道橋西通りを神保町方面に向けて左折、グローバルスポーツビル、
 GS跡地(セブンイレブン)を過ぎて鉄建建設本社ビルを過ぎたら左折。
 東京都千代田区神田三崎町2-6-2  tel 03-3238-9035 fax 03-3238-0797 
 Email: nonukes@tanpoposya.net URL: http://www.tanpoposya.com/

 <関連サイト>
(1)公益通報者保護制度パブリックコメントとその結果(消費者庁)
(パブコメ時)http://urx2.nu/M6WE
(結果公表) http://urx2.nu/RvMh
(2)公益通報者保護制度|消費者庁    
 
https://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_system/whisleblower_protectio
n_system/
(3)公益通報者保護制度の実効性向上に向けたこれまでの取組と課題について(消
費者庁)
 http://urx2.nu/TVEf
(4)内部通報「役員や退職者も保護必要」法改正向け報告書:朝日新聞デジタル
 https://www.asahi.com/articles/ASLDV5F96LDVUCLV00T.html
(5)東京新聞-不正告発通報、保護対象にOB・役員も 法改正へ報告書-政治
(TOKYO Web)
 
https://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201812/CK2018122602000263.h
tml
(6)公益通報者保護に関する最近の動き(2019年2月号) - 東京弁護士会
 https://www.toben.or.jp/know/iinkai/koueki/column/201902.html
(7)公益通報者保護法の改正:金沢合同法律事務所
 https://www.kanazawagoudoulaw.com/tokuda_blog/201901037330.html

●公益通報者保護法に関するトピックス:朝日新聞デジタル
 http://urx2.nu/TrFc

 <光前幸一弁護士のご著書>
(1)Q&A現代型労働紛争の法律と実務-光前幸一/岩出誠/安達敏男/吉田幸宗
/著(日本加除出版)
 http://urx2.nu/OWjx
(2)これだけは知っておきたい使用者のための労働審判対応マニュアル-光前幸一
/秋田繁樹/共著(日本法令)
 http://urx2.nu/RxJ2

(参考)オルタナティブな日本を目指して(バックナンバー)- いちろうちゃんのブ
ログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2019/03/post-99f4.html

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について