本文の先頭へ
LNJ Logo 第16回 永山子ども基金 チャリティトーク&コンサート(東京・本郷)
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
Event 1560010524124st...
Status: published
View


2019/07/27 第16回 永山子ども基金 チャリティトーク&コンサート(東京・本郷)

第16回 永山子ども基金 チャリティトーク&コンサート

■□■ ■□■ ■□■ ■□■ ■□■ ■□■ ■□■ ■□■ ■□■
第16回 永山子ども基金 チャリティトーク&コンサート
ペルーの働く子どもたちへーーNから子どもたちへ
http://nagayama-chicos.com/news/
■□■ ■□■ ■□■ ■□■ ■□■ ■□■ ■□■ ■□■ ■□■

日時:2019年7月27日(土)開場12:30/開演13:30
  (軽食・物販スペースは12:00オープン)

会場:日本基督教団 西片町教会  東京都文京区西片町2−18−18
http://nishikatamachi.net/index.php?%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%82%BB%E3%82%B9
東京メトロ南北線「東大前駅」より徒歩5分/東京メトロ丸ノ内線「本郷三丁目駅」より
徒歩15分/都営地下鉄「白山駅」より徒歩15分

入場料:前売券 2,500円 13歳〜18歳券 1,500円 (12歳以下無料)
    *当日券 3,000円

チケット申し込み(メール):yhbruce@gmail.com
*上記のアドレスに、
件名を「2019年予約」とし、
本文にお名前(フルネーム)、ご希望のチケットの種類、枚数をお書きいただき、
送信ください。

主催:永山子ども基金 http://nagayama-chicos.com/ (新ホームページ!)

共催:公益社団法人アムネスティ・インターナショナル日本/NPO法人東京シューレ/神
奈川シティユニオン/パチャママ基金/NPOクシ・プンク協会

後援:ダイニング街なか


■□■ プログラム ■□■

●対談【東京弁護士会人権賞】受賞記念対談『被害と加害の狭間で考える命』
   片山徒有(被害者と司法を考える会代表)
   大谷恭子(永山子ども基金代表)

●演奏【友川カズキ コンサート】

●朗読 絵本「パチャママの とりかえっこ」

●映画 「ペルーの働く子どもたち物語vol.11」



■□■ 出演者 ■□■

■【東京弁護士会人権賞】受賞記念対談『被害と加害の狭間で考える命』

 〇片山 徒有(被害者と司法を考える会代表)
  1997年当時8歳の息子、隼(しゅん)をひき逃げ事故で亡くす。加害者は不起訴処分
。再捜査を求める24万人の賛同署名を集めた結果、起訴され有罪判決を受けた。その苦哀
経験から、司法制度改革と被害者支援の枠を広げ、厳罰化よりも被害者を出してしまった
人の立ち直り、特に少年の教育などに取組む。

 〇大谷 恭子(永山子ども基金代表)
  連合赤軍事件、アイヌ民族肖像権裁判、地下鉄サリン事件、日本赤軍事件などを担当
。主な著書に『それでも彼を死刑にしますか――網走からペルーへ
永山則夫の遙かなる旅』(現代企画室)、『共生社会へのリーガルベース――差別と闘う
現場から』(現代書館)などがある。

■演奏【友川カズキコンサート】

〇友川カズキ
 1950年秋田県生まれ。歌手、詩人、画家、エッセイスト、競輪愛好家など多方面で活躍
。代表曲に「生きてるって言ってみろ」、ちあきなおみに提供(作詞作曲)した「夜へ急
ぐ人」などがある。最新ベストアルバムに『先行一車
』、今春にはベストエッセイ集「一人盆踊り」(ちくま文庫)を上梓。
http://kazukitomokawa.com/j/

■映画 ペルーの働く子どもたち物語vol.11

〇NGOクシ・プンク協会
 ペルーの働く子どもたちの発する声に耳を傾け、子どもたちを取り巻く状況を知り、彼
らと議論する中で問題の解決に向けた活動を展開している。同時に子どもたちの現状をホ
ームページや映像を通して内外に伝えていく作業も続けている。
(代表:義井豊)
http://cussipunku.uijin.com/

■朗読【パチャママのとりかえっこ】

〇水野 慶子(朗読)
 役者。1982年〜93年、テント芝居『風の旅団』に参加。以後、『独火星』などに出演。
金時鐘詩の朗読ライブ『ここより遠く より
このここに近く』(2008年)『四月よ、遠い日よ』(2011年)に朗読で出演。2012年
『第9回永山子ども基金チャリティトーク&コンサート』より朗読で出演。

〇宇佐 照代(伴奏・ムックリ)
 北海道釧路市生まれ。10歳から関東にてアイヌの伝統舞踊やムックリ(口琴)などを習
う。北海道ムックリ大会にて2年連続優勝。(財)アイヌ文化振興・研究推進機構アイヌ
文化アドバイザー。アイヌ料理店「ハルコロ」を運営。

◯井江 春代(絵本作者)
 1923年生まれ。女子美術大学卒。児童出版の仕事に就く。絵本『かえるのけろ』で第13
回小学館絵画賞受賞。73年南米を訪れて以来、ペルーなどに伝わる神話や民話をもとに独
自の作品を生み出し、1986〜91年パチャママシリーズ全6冊(フレーベル館)。20
11年死去。

※チャリティトーク&コンサートの収益金はペルーの働く子どもたちの奨学金として送ら
れています。

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について