本文の先頭へ
LNJ Logo 『天皇と軍隊』(9条はなぜ必要だったのか? なぜ天皇制は存続したのか?)上映会(8/7、鳥取・倉吉市)
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
Event 1558317708899ma...
Status: published
View


2019/08/07 『天皇と軍隊』(9条はなぜ必要だったのか? なぜ天皇制は存続したのか?)上映会(8/7、鳥取・倉吉市)

『天皇と軍隊』】上映会
日 時:2019年8月7日(水) 17:30〜
場 所:鳥取・中部教育会館
    鳥取県倉吉市福庭町1-167
    JR山陰本線「倉吉駅」から徒歩約22分
    地図→https://loco.yahoo.co.jp/place/g-gLPe9s3iXZw/map/
主 催:鳥取県教職員組合中部支部
連絡先:0858-26-1841

参照:http://www.kiroku-bito.com/article1&9/screening.html

天皇と軍隊(参照:映画.com https://eiga.com/movie/82304/
 9条はなぜ必要だったのか? なぜ天皇制は存続したのか?
 天皇制や戦争放棄、靖国問題、東京裁判、自衛隊、日米安保など、日本の戦後史で議論され続ける問題に切り込んだドキュメンタリー。
 自衛隊の存在と戦争および軍の保持を禁じた憲法9条との矛盾や、主権在民と天皇の地位の曖昧さを主軸に、世界中から集めた貴重なアーカイブ映像や国内外の論客による秘蔵インタビューを交え、日本の戦後史を問いかける。
 監督は、パリ在住で、フランスや欧州のテレビ向けに「ヒロシマの黒い太陽」「フクシマ後の世界」といったドキュメンタリー作品を手がけている渡辺謙一。

〈スタッフ〉
 監督:渡辺謙一

〈キャスト〉
 田 英夫
 ジョン・ダワー
 樋口陽一
 小森陽一
 五百旗頭真

〈作品データ〉
 原題:Le Japon, l'empereur et l'armee
 製作年:2009年
 製作国:フランス
 配給:きろくびと
 上映時間:90分
 オフィシャルサイト:http://www.kiroku-bito.com/article1&9/index.html

〈渡辺謙一(わたなべ・けんいち)監督プロフィール〉
 1975年、岩波映画入社。
 1997年、パリに移住、フランスや欧州のテレビ向けドキュメンタリーを制作。
 『桜前線』で2006年グルノーブル国際環境映画祭芸術作品賞受賞。
 近年は『天皇と軍隊』(2009)のほか、『ヒロシマの黒い太陽』(2011)、『フクシマ後の世界』(2012)、『核の大地・プルトニウムの話』(2015)など、欧州において遠い存在であるヒロシマやフクシマの共通理解を深める作品制作に取り組んでいる。

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について