本文の先頭へ
LNJ Logo 《2019年遺伝子組み換えナタネ自生調査報告会》 暴走する遺伝子操作技術 〜 市民の力で歯止めをかけよう(東京・お茶の水)
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
Event 1557668314385st...
Status: published
View


2019/07/13 《2019年遺伝子組み換えナタネ自生調査報告会》 暴走する遺伝子操作技術 〜 市民の力で歯止めをかけよう(東京・お茶の水)

《2019年遺伝子組み換えナタネ自生調査報告会》 暴走する遺伝子操作技術 〜
市民の力で歯止めをかけよう〜

  市民による遺伝子組み換え(GM)ナタネ調査が、今年も全国で行われました。輸入
したGMナタネが港や輸送路だけでなく住宅地でも見つかり、さらには、雑草との交雑種
が見つかるなど GMナタネによる汚染は深刻な様相を呈しています。
GM作物が栽培されて20 年以上、生産国では使用される除草剤が人々の健康を脅かし
ています。除草剤ラウンドアップの主成分のグリホサートは、農業現場だけでなく身の回
りでも使用され、私たちの健康や環境を危険にさらしています。このようなGM作物によ
りもたらされた深刻な問題を振り返ることなく、今、ゲノム編集技術 が登場してきまし
た。
暴走する遺伝子操作技術に立ち向かうために何ができるか考えます。

と き  2019 年 7 月 13 日(土)13:30〜16:30
ところ  連合会館 402 会議室 アクセス:地下鉄「新御茶ノ水駅」B3
     出口すぐ、JR「御茶ノ水駅」聖橋口5分
資料代  500 円
<プログラム>
★2019 年度GMナタネ自生調査報告
  あいコープみやぎ/なのはな生協/生活クラブ生協/コープ自然派/
  グリーンコー プ共同体/遺伝子組換え食品を考える中部の会/農民連
  食品分析センター
★シンポジウム
「暴走する遺伝子操作技術」
・河田昌東さん(遺伝子組換え食品を考える中部の会、名古屋大学名誉教授)
・八田純人さん(一般社団法人・農民連食品分析センター所長)
・天笠啓祐さん(遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーン代表、科学ジ  ャーナリ
スト)
主催  遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーン
〒169-0051 東京都新宿区西早稲田 1-9-19-207 日本消費者連盟内
☎03-5155-4756/Email:office@gmo-iranai.org

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について