本文の先頭へ
LNJ Logo 日本消費者連盟2019年春の連続講座・『暴走する生命』=遺伝子組み換えからゲノ ム操作へ(東京・大井町)
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
Event 1557449439180st...
Status: published
View


2019/07/14 日本消費者連盟2019年春の連続講座・『暴走する生命』=遺伝子組み換えからゲノ ム操作へ(東京・大井町)

日本消費者連盟2019年春の連続講座・『暴走する生命』=遺伝子組み換えからゲノ
ム操作へ

今日、遺伝子組み換え技術の「暴走」によって、遺伝子組み換え食品は世界中
に蔓延し、さらに「ゲノム操作」食品も、すぐそばに迫って来ています。人間が何でも思
い通りに出来るかのような錯覚に陥り、問題の本質や危険性が見えなくなっている科学者
や企業、政府。取り返しがつかないことにならないよう、まさに現在、多くの人と考えな
ければなりません。日消連50周年記念シンポジウム(6月15日)を挟んで、連続講座で真
正面からこの問題をとりあげます。ぜひご参加下さい。(第1回「『暴走する生命』上映
とお話」は5月6日に実施済み)

第2回(今回)
「新たな遺伝子操作・ゲノム操作技術によってどんな危険が降りかかるか」
〇日 時 7月14日(日)13:30〜16:00(13:00開場)
〇会 場 品川区「きゅりあん」6階・中会議室(定員40名・予約者優先)
 JR京浜東北線、東急大井町線「大井町駅」すぐhttp://www.shinagawa-culture.or.jp
/hp/page000000300/hpg000000268.htm
〇講師  河田昌東さん(名古屋大学名誉教授・分子生物学・遺伝子組換え
    情報室)
 ゲノム操作とはどんなことか、それによってどのような健康被害、危険性がもたらされ
るのか、そして今厚生労働省によって「規制対象外」の扱いとされようとしている大問題

 分子生物学を専攻され、その後長く、海外文献なども吟味される中で、遺伝子組み換え
技術の危険性を強く訴えられている河田昌東さんに、遺伝子操作技術についての基本知識
を分かりやすく解説いただき、その「暴走」の現状を、生命倫理の根本問題に立ち返った
立場から、問題提起していただきます。
〇参加費:1000円(日消連会員800円)
〇主 催:特定非営利活動法人 日本消費者連盟
〒169-0051 東京都新宿区西早稲田1−9−19−207
【お申込み・問合せ】 日本消費者連盟  電話:03-5155-4765
FAX:03-5155-4767  電子メール:office.j@nis

◆参考:日本消費者連盟創立50周年記念シンポジウムのご案内(概略)
日 時:6月15日(土)13:30〜16:00
会 場:千代田区「連合会館」2階203会議室
第1部  講演
・「日消連50年の運動とこれからの課題」 大野和興(日消連共同代表)
・「合成洗剤追放から香害へ」 田中輝子(日消連洗剤部会)
・「遺伝子組み換えからゲノム操作へ」 天笠啓祐(日消連共同代表)
第2部「さあ、これからの50年をつくろう」
・これまで生協活動や消費者運動を担ってきた方々によるシンポジウム

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について