本文の先頭へ
LNJ Logo 望月衣塑子さん講演会「出すぎる杭は打たれない 言わなければならないことがある」(6/29、山形市)
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
Event 1553496351536ma...
Status: published
View


2019/06/29 望月衣塑子さん講演会「出すぎる杭は打たれない 言わなければならないことがある」(6/29、山形市)

 昨年夏に引き続き、シベールアリーナでは2回目の望月さんの講演会です。
 皆様のご来場をお待ちしております。

 出すぎる杭は打たれない
 言わなければならないことがある

佐高信山形塾2019 第2回講座 望月衣塑子さん講演会
日 時:2019年6月29日(土)14:00開演(13:30開場)
会 場:シベールアリーナ
    山形県山形市蔵王松ヶ丘2-1-3
    アクセス→http://www.gen.or.jp/access/
講 演:望月衣塑子さん
入場料:1500円(当日2000円)[全席自由]
主 催:公益財団法人 弦 地域文化支援財団
   「佐高信」山形塾実行委員会
※チケット発売日:3月16日(土)
チケットのお申込み.お問合せ:シベールアリーナ
 TEL:023-689-1166(受付時間:10:00〜19:00)
 FAX:023-689-1167
 メール:chihitsudo@gen.or.jp

望月衣塑子(もちづきいそこ)さん
 東京都生まれ。
 慶應義塾大学法学部卒業後、東京・中日新聞に入社。
 2004年、日本歯科連盟のヤミ献金疑惑の一連の事実をスクープし、自民党と医療業界の利権構造を暴く。
 東京地裁・高裁での裁判を担当した後、経済部記者、社会部遊軍記者として、防衛省の武器輸出、軍学共同などをテーマに取材。
 17年4月以降は森友学園・加計学園問題の取材チームの一員となり、取材をしながら官房長官会見で取材を続けている。
 同年、平和・協同ジャーナリスト基金貨奨励賞を受賞。
 二児の母。
 著書に『武器輸出と日本企業』、『新聞記者』、『権力と新聞の大問題』(共著)など。近著に『しゃべり尽くそう!私たちの新フェミニズム』、『安倍政治100のファクトチェック』(ともに共著)。

参照:https://shiminmedia.com/event/51391

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について