本文の先頭へ
LNJ Logo 講演会「笑顔の戻る判決を求めて 福島原発かながわ訴訟 判決の要旨とこれから」村田弘さん(3/23、神奈川・茅ヶ崎市)
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
Event 1552644688074ma...
Status: published
View


2019/03/23 講演会「笑顔の戻る判決を求めて 福島原発かながわ訴訟 判決の要旨とこれから」村田弘さん(3/23、神奈川・茅ヶ崎市)

案内→https://twitter.com/ChigasakiAlls/status/1102011383376306176

 福島原発かながわ訴訟は、3.11福島原発事故の後、11福島原発事故の後、神奈川県に避難した61家族171人(当時)が東京電力と国に責任と賠償を求めて、2013年9月に提訴した訴訟です。
 その判決が、2月20日に言い渡されました。
 判決直後、横浜地裁では、「勝訴」「国の青任 5度断罪」「国、東電は判決に従え!!」「法の庭八分咲きなり寒の梅」などの垂れ幕が並びました。
 裁判長は、「対策を取っていれば事故は回避できたはずだ」と国と東電の責任を認定し、断罪しました。
 しかし、賠償額については僅かの増額にとどまり、認められなかった人もいます。
 放射性物質の健康リスクについても避難する権利は認めたものの、汚染や被曝リスクに正面から向き合ったとは言えない判決でした。
 本当に笑顔の戻る判決だったのか?
 この判決を受けて、原告団団長の村田さんに判決内容と原告の皆さんの思いを伺います。
 皆さんのご参加をお待ちしています。

講演会|笑顔の戻る判決を求めて 福島原発かながわ訴訟 判決の要旨とこれから
日 時:3月23日(土)14時〜16時40分 開場13時半
場 所:茅ヶ崎市役所 分庁舎 5階 AB会議室(茅ヶ崎駅)
    神奈川県茅ヶ崎市茅ヶ崎1-1-1
    茅ヶ崎駅から徒歩5分
    地図→https://goo.gl/rmZKAh
参加費:500円
☆先着100名(申込不要)
講 師:村田弘さん(福島原発かながわ訴訟原告団 団長)
共 催:福島親子とともに・平塚
    チームみつばち
問合せ:090-6798-7534(小嶋)
    090-9328-3799(亀田)
    E-mail w.k@mg.scn-net.ne.jp

参照:http://www.kinyobi.co.jp/event/20190315_002769.php
   https://maga9.jp/eventinfo/

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について