本文の先頭へ
LNJ Logo 中国人戦争被害者へのビザ発給拒否国賠裁判 口頭弁論(5/17、東京地裁)
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
Event 1552377833895ma...
Status: published
View


2019/05/17 中国人戦争被害者へのビザ発給拒否国賠裁判 口頭弁論(5/17、東京地裁)

案内→https://xa0007.blogspot.com/2019/03/418.html

 皆様の傍聴を!

 安倍政権の《ビザ発給を拒否し、日本入国拒否》という、憲法を蹂躙し、民主主義を破壊する国家権力の乱用は、絶対に許されません!!
 私たちは、2015年11月に安倍政権・外務省が強行した
 |羚饋誉鐐菷鏗下圓悗離咼業給拒否
 ∪鐐菲’兒澆魑瓩瓩襦崕顕颪亮由」侵害
 という重大な人権侵害の責任を追及して、国家賠償請求裁判を提訴して闘っています!

 この裁判の原告団は、以下の日本人[集会の主催者]と中国人[ビザ発給を拒否された細菌戦被害者]です!
◆日本人原告:田中 宏(一橋大学名誉教授)
       高嶋伸欣(琉球大学名誉教授)
       藤田高景(村山首相談話の会・理事長)
◆中国人原告:高 鋒(湖南省常徳市の細菌戦被害者)
       胡鼎陽(浙江省寧波市の細菌戦被害者)
       郭承豪(浙江省東陽市の細菌戦被害者)

ビザ発給拒否国賠裁判
日時:5月17日(金)10時30分〜
場所:東京地裁415号法廷
内容:口頭弁論

 私たちはビザ不発給を強行した外務省幹部を証人請求しています。
 しかし、裁判所までも安倍政権を忖度し、この日に審理を打ち切るおそれがあります!
 多数の皆様の法廷傍聴で、裁判所を監視して下さい!

《連絡先》ビザ発給拒否・集会妨害裁判を支援する会
     E-mail bizakyohisaiban2015@ybb.ne.jp
     電話 090-8808-5000(藤田)

--------------------------------------
 私たち「ビザ発給拒否・集会妨害裁判を支援する会」は、国家賠償請求裁判を、安倍政権による民主主義破壊をストップさせ、戦争法を廃止させるために闘っています。
 平和と民主主義を愛し、戦争法の廃止を求める多くの市民の皆様の本会への入会と裁判支援を心から呼びかけます。
 入会希望者は郵便局から年会費2000円をお振り込み下さい。
 またカンパにもご協力下さい。(カンパは一口1000円から何口でも可)
《会費・カンパの振込先》
 郵便振替口座
 加入者名:ビザ発給拒否・集会妨害裁判を支援する会
 口座記号番号:00100-9-634774

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について