本文の先頭へ
LNJ Logo シンポジウム<広河隆一氏の性暴力から考える>(東京・早稲田)
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
Event 1551675933289st...
Status: published
View


2019/03/24 シンポジウム<広河隆一氏の性暴力から考える>(東京・早稲田)

シンポジウム<広河隆一氏の性暴力から考える>

【開催の概要】
昨年末からフォトジャーナリスト広河隆一氏による性暴力、パワハラに対して、被害を受けた女性たちが相次いで声をあげ始めました。広河氏が発行人を務めていたDAYS JAPAN最終号にはその検証内容が掲載されるようです。このシンポジウムでは検証号の内容を踏まえた上で、構造的な問題に踏み込んだ検証が行われたのかどうか、またふたたび同じようなことを繰り返さないために何が求められているのか。私たちがすべきことを探りたいと考えています。

【登壇者】
谷口真由美(メディアにおけるセクハラを考える会)
田村栄治(ライター)
※他数名を予定
(司会)野中章弘(早稲田大学ジャーナリズム研究所)

【主催】早稲田大学ジャーナリズム研究所
【共催】メディアにおけるセクハラを考える会
【日時】2019年3月24日(日) 13時〜15時(12時30分開場)
【場所】早稲田大学早稲田キャンパス3号館(政経学部)601号室(6階・エスカレーター使用)https://www.waseda.jp/top/assets/uploads/2014/10/waseda-campus-map.pdf
【資料代】500円
※会場の関係上、入場はお申し込み順に150名とさせていただきます。ご了承ください。
※テレビ、ネットメディアによる撮影、中継など、映像取材を希望の方は事前に主催者までメールでご連絡ください。nonaka81953@gmail.com

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について