本文の先頭へ
LNJ Logo 申込み 福島原発集団訴訟の判決を巡って−民衆の視座から− 前田朗さん、ほか(4/20、横浜市)
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
Event 1551445668116ma...
Status: published
View


2019/04/20 申込み 福島原発集団訴訟の判決を巡って−民衆の視座から− 前田朗さん、ほか(4/20、横浜市)

 発災から8年。
 放射能をいまも環境中に拡散し続けている福島第一原子力発電所事故の責任と賠償を求め、避難者ら約1万2千人が全国各地30以上の地裁・支所で起こした原発避難者集団訴訟は、国策と産業界の分厚いリアリティーに対峙し、個人とコミュニティーの権利の実現を掲げた闘いとしてある。
 ここ横浜地裁でも、2月20日に5年半近くの審議の末に「福島原発かながわ訴訟」に判決か下されたが、国の責任を一歩踏み込んで断罪したものの、賠償については、“わが国法制下において最高の価値(大飯原発差し止め判決)”のはずの国民一人一人の生命・身体・生活/暮らし、それらを統合する人格権に、これまで各種の集団訴訟で付けられてきた値札の安さには驚くばかりである。
 一方、国家内司法に先駆け、2012年2月から1年半をかけ全国巡回で「原発民衆法廷」という市民法廷か開かれていた。
 本講座では横浜地裁判決の内容を吟味し、司法判決の背景と現在地を民衆法廷の視座からも相対化し、再評価を試み、この国の司法上求められているものを、参加者共々考える機会を作ります。

福島原発集団訴訟の判決を巡って−民衆の視座から−
日 時:4月20日(土)15:00〜18:30
場 所:スペース・オルタ
    〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜2丁目8−4
    アクセス→https://loco.yahoo.co.jp/place/g-w-lB7Rf3M66/map/

発話者:
・前田 朗(東京造形大学教授、原発民衆法廷判事)
・村田 弘(福島原発かながわ訴訟原告団団長、原発民衆法廷事務局)
・黒澤知弘(かながわ訴訟弁護団事務局長・予定)
・小出裕章(元京都大学原子炉実験所助教)
・崎山比早子(医学博士、元放射線医学総合研究所主任研究官)

主 催:福島原発かながわ訴訟原告団
    ふくかな
    平和力フォーラム
    脱原発市民会議かながわ
協 賛:市民セクター政策機構
    スペース・オルタ
参加費:1000円+カンパ
※要予約:FAX:045-472-6349 か E-mail spacealta1985@gmail.com で

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について