本文の先頭へ
LNJ Logo 市民のための実践国際人権法講座第14回「強制失踪条約と強制失踪委員会−日本人拉致問題と「慰安婦」問題を考える」前田朗さん(4/21、東京・武蔵野市)
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
Event 1551443703419ma...
Status: published
View


2019/04/21 市民のための実践国際人権法講座第14回「強制失踪条約と強制失踪委員会−日本人拉致問題と「慰安婦」問題を考える」前田朗さん(4/21、東京・武蔵野市)

 世界は強制失綜に満ちている。
 迫害を受けての難民や移住とは異なり、静かに行方不明となったり、暗殺されたり(殺人事件と判明しない場合もある)。
 軍事独裁政権下では強制失綜は珍しくなかった。
 かつてのチリやグアテマラが有名だが、発展途上国だけでなく先進国でも起きていた。

 強制失踪問題に無関心だった日本政府だが、2002年、朝鮮民主主義人民共和国が日本人拉致事件を認めたことで事情が変わった。
 日本政府は国連で強制失踪問題について発言し、強制失踪条約実現に積極的に関与した。
 ところが2018年、強制失踪委員会は、日本軍「慰安婦」問題について日本政府に対して問い質した。

 被害側に立てば強制失踪を激しく非難する日本が、加害側であることが発覚するや、沈黙を決め込む。
 国際人権法の立場ではなく、日本のナショナリズムに訴えるだけでは、強制失踪問題の解決はできない。
 世界における強制失綜、国際人権法における強制失踪問題を的確に把握するために、強制失踪条約とその基本的考え方を学び直しましょう。

市民のための実践国際人権法講座第14回「強制失踪条約と強制失踪委員会−日本人拉致問題と「慰安婦」問題を考える」
日 時:4月21日(日)14:00〜16:30(開場13:30)
場 所:西部コミュニティセンター
    東京都武蔵野市境5-6-20
    JR「武蔵境駅」徒歩15分(約1キロ)
    JR「武蔵境駅」北口からバス「西部コミュニティセンター」下車
    地図→https://goo.gl/D2rfGS
講 師:前田朗さん(東京造形大学教授)
参加費:500円
主 催:沖縄と東アジアの平和をつくる会
    @OkinawaEastasia
    E-mail:okinawa.eastasia@gmail.com

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について