本文の先頭へ
LNJ Logo 墜落と爆音のない空を! 町田商店街・米軍戦闘機墜落事故から55年 4・21集会(町田)
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
Event 1551275270193st...
Status: published
View


2019/04/21 墜落と爆音のない空を! 町田商店街・米軍戦闘機墜落事故から55年 4・21集会(町田)

日 時:2019年4月21日(日) 13時30分開場 14時開始
会 場:町田市民文学館 ことばらんど大会議室
   (町田市原町田4-16-17 tel 042-739-3420)
資料代:500円
プログラム:
 14:05〜14:25 町田墜落事故「爆音と墜落のない空を―改訂」
 14:30〜16:00 講演と映像「相模補給廠の歴史とミサイル司令部移駐」
         金子豊貴男さん(第5次厚木基地爆音訴訟団副団長・相模原市会議員)
 16:00〜16:15 質疑
 16:30     閉会
主 催:厚木基地爆音防止期成同盟町田支部
協 賛:第5次厚木基地爆音訴訟団町田支部
    町田の米軍機墜落事件・平和像建立実行委
問い合わせ先・連絡先:080-2093-8162

*町田商店街に米軍機墜落
1964年4月5日、沖縄・嘉手納基地から発進した米海軍の最新鋭戦 闘機が厚木基地に
向けて飛行中、町田市原町田の商店街に墜落、日曜日の平和な繁華街は一瞬のうちに地
獄となり、住民4人が死亡、重軽傷者32人、家屋全半壊27棟の被害が発生しました。
昨年3月末までに米空母艦載機部隊が移駐し、「非常に大きい騒音」(90〜100デシ
ベル以上) は減少しましたが、昨年10月〜11月の軍用機騒音の測定回数が、大和市で
は前年(2017年)に比べて4割も増加しています。

*意外な飛行回数
艦載機部隊の移駐によって、本来ならば基地機能の縮小と返還に向かうべきところ、米
軍は、厚木基地が引き続き重要拠点であると声明しています。町田市上空においても、
従来、航空機騒音対策区域として指定されていなかった小山小学校付近の騒音(70〜80
デシベル)発生回数が、移駐後の昨年8月〜10月には、85回、59回、61回を数え、
従来、指定区域内である忠生第三小学校付近(20回、44回、76回)とはかけ離れた数
字を示しています。

*相模補給廠にミサイル司令部が移駐
昨年10月16日、境川をはさんだ小山小学校の対岸・数百メートルも離れていない相
模補給敞に米軍「ミサイル防衛部隊」が移駐し、「新司令部」を同補給敞に設置したと
突然発表しました。これらの事実は、何を意味するのか、詳しく事情を聞き討論する機
会にしたいと思います。

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について