本文の先頭へ
LNJ Logo 西谷文和さん講演会「軍事大国化の動きと教育」(3/23、大阪・枚方市)
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
Event 1550130362679ma...
Status: published
View


2019/03/23 西谷文和さん講演会「軍事大国化の動きと教育」(3/23、大阪・枚方市)

チラシ→http://www17.plala.or.jp/kyodo/0323-2.pdf

Dサポーターズ学習会「軍事大国化の動きと教育〜西谷文和氏講演会」へのおさそい

 2019年が始まりました。
 今年が世界にとって平和な1年になる事を願ってやみません。
 ところが国内の状況に目を投じると、きな臭さに危機感を覚えることが少なくありません。
 沖縄では、県民の切実な願いや多数の民意を踏みにじりながら、新基地建設が強行され続けています。
 一方隣国韓国とは、日本政府が放置してきた個人への戦後補償のツケとも言うべき「徴用工裁判」の解決を迫られ、「レーダー照射問題」の報道も過熱気味です。
 「平成最後の……」と冠した言葉に耳が慣らされ、大河ドラマで強調される胸の「国旗」や溢れる「皇室報道」に、違和感も少しずつ麻痺しがちなこの頃です。
 首相は改憲をいよいよ声高に叫んでいます。
 平和憲法を70数年間掲げ続けてきたこの国を、一体どこに持っていこうというのでしょう?
 国民主権を礎にしている私たちは、曇りなき眼で、子どもたちに何を伝えていけばいいのでしょう?
 そこで今回、毎年イラクやアフガニスタンなどの戦場を訪問し、避難民キャンプに物資を届けつつ人々の生活を取材しておられる西谷文和さんをお招きし、軍事大国化に突き進む日本と、教育の果たす役割について講演いただく機会を設けました。
 戦争で殺され傷つけられるのは子どもたち、利用されるのも子どもたちです。
 実際の戦場で感じてこられたこと、テレビではあまり報道されない現実もお話しいただき、「今何か狙われているのか?」「私たちにできることは何なのか」について一緒に考える機会になればと思い企画しました。
 平和を愛する保護者、市民の皆様のご参加を、お待ちしています。

西谷文和さん講演会「軍事大国化の動きと教育」
日 時:3月23日(土)14:00〜
会 場:サンプラザ 5階 視聴覚室
    大阪府枚方市岡東町12番3号
    TEL 072-846-2175
    アクセス→http://hirakata-sunplaza.com/access.html
参加費:前売800円 当日1000円
主 催:Dサポーターズ
連絡先:090-5240-9261(福山昌也)

西谷さんからのメッセージ
 戦争と原発の背後には莫大な利権があります。
 安倍首相はじめ、権力を持っている人々は、市民を騙してでも戦争できる国、原発を再稼働できる国にしたいと考えているようです。
 そのための口実が、.謄蹐箸寮錣き∨鳴鮮の脅威、です。
 イラク、アフガン、シリアで空爆の被害を実際に撮影してきました。
 シリア・アレッポでは団地が丸ごと潰され150人が犠牲になっていました。
 果たしてこの中にテロリストがいたのだろうか?
 殺されたのは普通の市民ではなかったか?
 北朝鮮問題でもそうです。
 対話が進みつつあるのに、安倍内閣は「ミサイルの脅威」をあおり立てて軍備拡張に走っています。
 軍事費だけが伸び続ける日米。
 リアルな映像と冷静な思考で、戦争反対を訴えたいと思っています。

西谷文和さん
 1960年京都市生まれ。
 立命館大学中退、大阪市立大学経済学部卒業。
 吹田市役所勤務を経て、2004年末からフリージャーナリスト。
 主にイラク、アフガニスタン、シリア、スーダンなど中東・アフリカ地域を取材し、テレビや新聞で現地情報を伝えている。
 テレビ朝日系列「報道ステーション」、朝日放送「キャスト」、ラジオ関西「ばんばんのラジオでショー」など出演多数。
 現在毎日新聞金曜日夕刊に「西谷流地球の歩き万」連載中。
 著書に「戦争はウソから始まる」(日本機関紙出版センター)「テロとの戦いを疑え?紛争地からの最新情報」(かもがわ出版)「報道されなかったイラク戦争」(せせらぎ出版)などがある。

参照:http://www17.plala.or.jp/kyodo/

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について