本文の先頭へ
LNJ Logo 申込 在日朝鮮人「慰安婦」宋神道のたたかい『オレの心は負けてない』上映+川田文子&梁澄子(本郷三丁目駅)
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
Event 1549781539523yl...
Status: published
View


2019/02/23 申込 在日朝鮮人「慰安婦」宋神道のたたかい『オレの心は負けてない』上映+川田文子&梁澄子(本郷三丁目駅)

在日朝鮮人「慰安婦」宋神道のたたかい

『オレの心は負けてない』上映会

「被害者」は「被害者」ではなく「人」でした。

 1993年4月、日本在住の朝鮮人「慰安婦」として唯一人、日本政府に謝罪と賠償を求めて提訴した宋神道さんは、裁判の過程で、また敗訴確定後も、「二度と戦争をしてはならない」と平和を訴え続けました。2017年12月16日、宋さんは95歳の生涯を終えましたが、平和を願うその意志は、宋さんを傍らで支え続けた「在日の慰安婦裁判を支える会」に受け継がれ、今、「希望のたね基金」にも受け継がれています。そしてその意志をより多くの人々と共有することが宋さんの生涯をかけた闘いに応えることだと考え、この映画の上映会を企画しました。

 

・日時:2019年2月23日(土) 13:00-15:00(開場12:30)

・上映後トーク:川田文子&梁澄子「宋神道さんとの25年」 

・会場:東京大学本郷キャンパス 工学部2号館 9階93B

   (〒113-8654 文京区本郷7-3-1)

https://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_04_03_j.html



<お申し込み方法>

Email:Info@kibotane.org

TEL:080-3418-0609にてお申し込み下さい。お待ちしております。


オレの心は負けてない
――在日朝鮮人「慰安婦」宋神道のたたかい――

2007年/日本/95分/カラー

解説

 宮城県で戦後を生きてきた宋神道(ソン・シンド)。よく冗談をいい、よく笑い、よく怒る。激しい気性と鋭い舌鋒、類いまれな洞察力は、中国での7年の「慰安婦」体験、半世紀におよぶ「在日」生活を通して、さらに研ぎ澄まされたものだ。
「人の心の一寸先は闇だから。オレは絶対、人を信じない」
人間不信の塊だった宋神道が、これを丸ごと受け止めようとする人々と出会い、裁判をたたかう過程で、他者への信頼、自らへの信頼を取り戻していく姿を追ったドキュメンタリー。

 宋神道さんは1922年、朝鮮の忠清南道に生まれた。満16歳の時(1938年)、騙されて中国中部の武昌で「慰安婦」をするよう強制される。19歳の時に初潮を迎え、その後たびたび妊娠。漢口で子どもを産むが、慰安所で育てることはできず、近所の人に預けて岳州に移動。「部隊付き」として、応山、長安などに出かけることもあった。咸寧で日本の敗戦を知るが、行くあてもなく、「結婚して日本に行こう」という日本軍人の言葉に一縷の望みを託して日本へ。しかし1946年春、引き揚げ船で博多港に着いた後ほどなく、その軍人に放り出されてしまう。その後、宮城県在住の在日朝鮮人男性に救われ、この男性が亡くなる1982年まで共に暮らしたが、現在は独り暮らし。
 1993年4月、日本政府に対し「謝罪文の交付」と「国会での公式謝罪」を求めて提訴した。
 この裁判を支援するため、1993年1月「在日の慰安婦裁判を支える会」が結成された。
「支える会」は、代表は決めない、事務所を持たない、専従も置かない、という「ないない三原則」に則って活動した。
映画は、宋さんと「支える会」が出会い、共に泣き、笑い、歯ぎしりしながら裁判をたたかう過程、そしてこの裁判を通して宋さんが歩んだ被害回復の過程を描き出す。
 裁判は、1999年10月東京地裁、2000年11月東京高裁で 請求棄却、2003年3月に最高裁でも上告を棄却され、敗訴が確定したが、敗訴確定後の最後の裁判報告集会で宋さんが言う。
「裁判に負けても、オレの心は負けてない」
裁判に負けても、負けた気がしない。そう言い合える関係が、宋さんと支える会、支援者たちとの間で築かれた10年だった。

 宋さんの裁判を支援し見守ってきた670人の募金によって制作された本作は、「慰安婦問題」を「問題」として捉るのではなく、「人」の視点からアプローチすることの大切さを訴える作品である。

<監督の言葉>
 集会終了後の打ち上げの席。誕生日を迎えた「支える会」のメンバーにケーキが差し出され、宋神道さんが即興の替え歌で誕生日を祝う。「支える会」が簡単な編集をしてくれと言って私に渡したビデオテープの中にそのシーンはあった。このシーンを見た時の静かな感動が、私にこの映画を作らせる原動力となった。
 ビデオに記録された宋神道さんの発言には、自身の個人的な被害を越えて戦争に反対する強力なメッセージが込められていた。それらの発言は肉体的にも、精神的にも、傷を負った宋さんが日本で過ごした50年あまりの歳月に強いられてきた沈黙の時間の中で、鋭くとぎすまされたものだった。裁判の過程は、全身に染みついてしこりとなっていた真実を世に吐き出す過程であり、自身の傷を自ら治癒する過程となった。
 宋神道さんが裁判の過程を通して社会と関係を結び、人間性を回復して行く姿を、映画の中で淡々と描きたかった。宋神道さんの話だけでなく、献身的に裁判を支援してきた「支える会」の物語と共に。
 この映画は、宋神道さんと「支える会」の映画である。戦争に反対し女性差別、民族差別、階級差別などの執拗な歴史的偏見とたたかってきた女性たちの物語なのである。
 宋神道さんは言う。「裁判に負けても、オレの心は負けてない」と。この発言は、「慰安婦」問題が未だ解決していないという事実を世界に知らしめる警鐘であり、共にたたかい続けようという励ましのメッセージに他ならない。

安海龍監督プロフィール
戦争中の日本軍による強制連行・強制労働、サハリン残留朝鮮人、日本軍「慰安婦」、韓国の基地問題など広く手がける映像ジャーナリスト。ドキュメンタリー作品に『沈黙の叫び』、『北から来た少女』(NHK ETV特集)、『1万人のリストラ』(NHK ETV特集)など多数。http://www.geocities.jp/kenkyokatoren/0001orenokokorohamaketenai.htm

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について