本文の先頭へ
LNJ Logo 憲法に繋がる教育とメディア−ドキュメンタリーの制作現場から 斉加尚代さん(5/18、大阪市)
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
Event 1549773662670ma...
Status: published
View


2019/05/18 憲法に繋がる教育とメディア−ドキュメンタリーの制作現場から 斉加尚代さん(5/18、大阪市)

チラシ→http://www17.plala.or.jp/kyodo/0518.pdf

 現憲法があるから教育とメディアの自由が担保される。
 それは民主主義の根幹。
 この自由が奪われたり、政治的に歪められるのは社会の危機ではないでしょうか。
 ともに学びを深め、交流しあいましょう。

憲法に繋がる教育とメディア−ドキュメンタリーの制作現場から
日 時:5月18日(土)14時〜
場 所:大阪市住まい情報センター 3Fホール
    〒530-0041 大阪市北区天神橋6丁目4-20
    地下鉄谷町線・堺筋線「天六」下車3番出口からエレベータで3Fへ
    アクセス→http://www.osaka-angenet.jp/access/
講 演:斉加尚代さん
参加費:500円
主 催:「おおさか女性9条の会」
協 賛:「子どももと教科書大阪ネット21」
    「メディアを考える会・大阪」
連絡先:E-mail jyosei9@za.cyberhome.ne.jp
    TEL 090-3715-3586(えひろ)

斉加尚代(さいか・ひさよ)さん
 1987年毎日放送入社。
 報道局記者・ディレクター。
 2015年からドキュメンタリー制作を担当。
 「映像'15 なぜペンをとるのか−沖縄の新聞記者たら」はジャーナリスト合議賞受賞。
 「映像'17 沖縄さまよう木霊(こだま)〜基地反対運動の素顔」は2017年の「地方の時代」映像祭優秀賞、文化庁芸術祭優秀賞を受賞。
 「映像'17 教育と愛国〜教科書でいま何が起きているか」は、2018年、優れた放送番組などに贈られるギャラクシー賞のテレビ部門の大賞を受賞。
 「フェイクと憎悪」(大月書店2018年)を共著で執筆。

参照:http://www17.plala.or.jp/kyodo/

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について