本文の先頭へ
LNJ Logo オルタナティブな日本をめざして (第26回):「なぜ原発の再稼働は認められないのか−原発の仕組みから安全性の根拠を問う−」(東京・水道橋)
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
Event 1549670425733st...
Status: published
View


2019/04/11 オルタナティブな日本をめざして (第26回):「なぜ原発の再稼働は認められないのか−原発の仕組みから安全性の根拠を問う−」(東京・水道橋)

2019年4月の新ちょぼゼミのご案内です

●(4.11)オルタナティブな日本をめざして
(第26回):「なぜ原発の再稼働は認められないのか−原発の仕組みから安全性の根
拠を問う−」(後藤政志さん)
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2019/02/26-6266.html

「福島原発事故の発生および事故進展の詳細を突き詰めていくと、『多重防護・多層
防護』を安全の基本にしていることに限界があることが分かります。福島原発事故を
表面的になぞるのではなく、原発の安全設計の仕組みをフォーカスすることで、『な
ぜ原発は安全とは言えないのか』を技術の視点から説明することを試みたいと考えて
います。その上で原発の安全問題の根拠について様々な視点から、みなさまとともに
議論を深めたいと思っています」(元原発設計技師 後藤政志さんより)。今回は、
現在、原子力規制委員会・規制庁により強引に押し進められている再稼働の前提とな
る規制基準の適合性審査について、福島原発事故の原子力工学的な教訓も踏まえなが
ら、どこに重大な危険性があるのか、隠されているのかを、後藤政志さんに専門家の
目で徹底解明していただきます。ふるってのご参加を!

講師:後藤政志(ごとう まさし)さん
元東芝、原子炉格納容器設計者、博士(工学)。広島大学・船舶工学科卒。海洋構造
物(海底石油掘削リグ等)の設計に携わった後、1989年から、東芝で原子炉格納容器
の設計に従事。柏崎刈羽原発の3号機、6号機、浜岡原発の4号機、5号機、女川原
発の2号機、3号機の設計に携わる。同時に、過酷事故時の格納容器の限界圧力・限
界温度の研究に従事した。2009年に東芝を退職。原発設計技師の観点から、福島第一
原発事故の分析と原発の安全性設計思想の研究を行っている。

 <次 第>
日 時:2019年4月11日(木) 18時〜21時(開場17時30分) 
会 場:スペースたんぽぽ 参加費(資料代含む):800円(学生400円)
  たんぽぽ舎のあるダイナミックビルの4階 JR水道橋駅西口から5分
  水道橋西通りを神保町方面に向けて左折、グローバルスポーツビル、
  GS跡地(セブンイレブン)を過ぎて鉄建建設本社ビルを過ぎたら左折。
 東京都千代田区神田三崎町2-6-2  tel 03-3238-9035 fax 03-3238-0797 
 Email: nonukes@tanpoposya.net URL: http://www.tanpoposya.com/

 <関連サイト>
(1)APAST FACEBOOK
 https://ja-jp.facebook.com/APAST.jp/
(2)APAST TWITTER
 https://twitter.com/apastjapan
(3)後藤政志が語る、福島原発事故と安全性
 http://gotomasashi.blogspot.com/
(4)後藤政志 - IWJ Independent Web Journal
 
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/tag/%E5%BE%8C%E8%97%A4%E6%94%BF%E5%BF%97

 <下記もよろしくお願い申し上げます>
●オルタナティブな日本をめざして(第27回):「教育勅語と道徳教育」(前川喜平
さん)(2019年5月9日)
(上記の場所と時間はいつもと同じです:時間は午後5時半開場・6時スタート、会
場は水道橋のたんぽぽ舎(4F)です)

(参考)オルタナティブな日本を目指して(これまでのもの一覧)(更新)- いちろ
うちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2018/11/post-d0d3.html

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について