本文の先頭へ
LNJ Logo 千本さんと学ぶ近現代史「韓国併合への道}(柏)
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
Event 1549175338812st...
Status: published
View


2019/02/23 千本さんと学ぶ近現代史「韓国併合への道}(柏)

千本さんと学ぶ近現代史「韓国併合への道}

講師 千本秀樹(筑波大学名誉教授)
時  2月23日(土)13:15〜17:30
場所 柏中央公民館 創作室2 (JR柏駅東口徒歩12分)
資料代 800円
主催  近現代史を学ぶ会(070-5579-6750 松岡)
    
日露戦争後、日本とロシアの関係は、一気に改善されます。一等国と見られるようになった日本は、いわば列強の承認のもと、急速に朝鮮半島の植民地化を進めます。1905年11月の第2次日韓協約によって韓国の外交権を掌握し、12月には韓国統監府を設置、伊藤博文が初代統監となって、韓国を保護国化します。朝鮮各地で反日闘争が始まり、1909年には安重根によって、伊藤博文は銃殺されます。1910年、日本軍による包囲のもと、韓国政府に併合を承認させ、8月、併合条約を調印、朝鮮総督府を置いて、初代総督に寺内正毅陸軍大将が就任しました。陸相と兼任です。以後、武断統治が始まります。

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について