本文の先頭へ
LNJ Logo ISによる性奴隷から逃れたナディア・ムラド(2018年ノーベル平和賞受賞)に密着した感涙のドキュメンタリー『ナディアの誓い』公開(3/16〜、北海道、神奈川、岐阜)
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
Event 1548233627663ma...
Status: published
View


2019/03/16 ISによる性奴隷から逃れたナディア・ムラド(2018年ノーベル平和賞受賞)に密着した感涙のドキュメンタリー『ナディアの誓い』公開(3/16〜、北海道、神奈川、岐阜)

 2018年ノーベル平和賞受賞者 ナディア・ムラドの決意と行動
 ナディア・ムラドはISIS(イスラム国)による虐殺と性奴隷から逃れた23歳のヤジディ教徒だ。
 彼女は、普通の女性のように生きたいと思う時もある。
 しかし残された同胞のため、国連などの国際的な表舞台で証言を続け、やがては同郷の人々の希望の存在となっていく。

 ナディア・ムラドは2018年のノーベル平和賞受賞者です。
 また、彼女は当事者として国連初の人身売買の被害者らの尊厳を訴える国連親善大使です。
 彼女はまた、スペイン国連協会からクリントン・グローバル・シチズン賞、平和賞を受賞し、グラマー・マガジンでは2016年の女性賞を受賞しました。
 ナディアは2015年以来、国際刑事裁判所に人種差別罪と人道に対する罪を訴え、ISを国際刑事裁判所に提訴するよう取り組んでいます。

2019年2月1日(金)アップリンク吉祥寺ほか全国順次ロードショー!

上映映画館 http://unitedpeople.jp/nadia/scr
北海道 シアターキノ    2019年3月16日(土)〜
東 京 アップリンク吉祥寺 2019年2月1日(金)〜2月14日(木)終映未定
    https://joji.uplink.co.jp/movie/2019/1162
【上映後トーク】
 2月10日(日)東小雪(元タカラジェンヌ/LGBTアクティビスト)
 2月11日(月)綿井健陽(ジャーナリスト・映画監督)
東 京 アップリンク渋谷  2019年2月1日(金)〜2月14日(木)終映未定
    https://shibuya.uplink.co.jp/movie/2019/53507
【上映後トーク】
 2月11日(月)志葉玲さん(ジャーナリスト)
千 葉 キネマ旬報シアター 2019年3月9日(土)〜3月15日(金)
神奈川 横浜シネマリン   2019年3月16日(土)〜3月29日(金)
愛 知 名古屋シネマテーク 2019年4月6日(土)〜4月12日(金)
岐 阜 岐阜CINEX   2019年3月16日(土)〜3月29日(金)
京 都 出町座       2019年2月9日(土)〜2月22日(金)
大 阪 テアトル梅田    2019年3月22日(金)〜

映画.com(https://eiga.com/movie/90350/)から
「ナディアの誓い」
 2018年ノーベル平和賞を受賞した国連親善大使ナディア・ムラドに密着したドキュメンタリー。
 23歳のナディアはイラク北部のコチョ村で母と兄弟姉妹たちと幸せに暮らしていたが、ISIS(イスラム国)による少数民族ヤジディ教徒の虐殺によって、母親と6人の兄弟を殺されてしまう。
 少女や女性たちは戦利品として売買や交換の対象となり、捕らわれたナディアは3カ月性奴隷として扱われたが、なんとか脱出に成功し、ドイツに逃れた。
 15年12月の国際連合安全保障理事会の場で、ISISの虐殺や性暴力に関する証言を行ったナディアは、ヤジディ教徒の希望の存在となった。
 普通の生活に戻ることを望みながらも、まだ捕らえられている同胞や世界中の性暴力被害者のため、表舞台に立ち続けることを決意したナディアの揺るぎのない決意をカメラが追っていく。

スタッフ
監督:アレクサンドリア・ボンバッハ
キャスト:ナディア・ムラドほか

作品データ
原題:On Her Shoulders
製作年:2018年
製作国:アメリカ
配給:ユナイテッドピープル
上映時間:95分
オフィシャルサイト:http://unitedpeople.jp/nadia/
予告編:http://unitedpeople.jp/nadia/trailer

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について