本文の先頭へ
LNJ Logo 沖縄、幻のドキュメンタリー上映会 沖縄列伝第1 島小(東京・国立)
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
Event 1546778397482st...
Status: published
View


2019/02/10 沖縄、幻のドキュメンタリー上映会 沖縄列伝第1 島小(東京・国立)

沖縄、幻のドキュメンタリー上映会
沖縄列伝第1 島小
監督:吉田豊
音楽:喜納昌吉
ナレーション:松田優作
16ミリフィルム、1978年、75分
2019年2月10日(日)15:30開場、16:00スタート
トーク:小野沢稔彦&池城安俊
¥1500
会場:キノ・キュッヘ:木乃久兵衛
(JR国立駅南口下車富士見通り徒歩15分、国立音大付属高校向い、中華「天福居」隣。
立川バス、多摩信用金庫前より立川駅南口行き、又は国立循環で約2分「音高前」下車20
メートル戻る)
主催・問合せ:キノ・キュッヘ(木乃久兵衛)
186ー0005 東京都国立市西2−11−32 B1
TEL 042-577-5971
E-mail  para_kino9@m2.pbc.ne.jp

「沖縄列伝第1 島小(しまぐわぁ)」
「沖縄列伝第1 島小(しまぐわぁ)」は、1976年に沖縄にわたり、3年にわたり沖縄の実
情をレポートしてきた吉田豊監督の作品であり、金武湾の石油備蓄基地(通称CTS)建設
に反対する「金武湾を守る会」の活動とその闘争を取り巻く人々の様々な思いを綴ったド
キュメンタリーです。
 ナレーションは、吉田監督の高校時代からの友人で、演劇、映画活動の仲間でもある松
田優作、音楽は、当時本土(ヤマト)で、熱い旋風をここしていた「喜納昌吉とチャンプ
ルーズ」のリーダー喜納昌吉(映画にも出演)が担当。
 日本復帰から6年目の沖縄。ヤマト(日本)の強大なエネルギーによって徐々に吸収さ
れ、経済的にも、政治的にも、文化的面でも、沖縄独自の姿を変えつつあります。
 美しい沖縄の自然、貴重な水源である山々の木々は、米軍の実弾演習によりハゲ山にさ
れ、海は本土の巨大資本によって埋め立てられ、そこに石油備蓄のタンクが林立し、サン
ゴは息絶え絶えとしている。
 この映画は、そうした沖縄の状況下、沖縄独自の生活のサイクル、自然、文化を生かし
た未来にわたって自立、持続する沖縄を想像していこうとする人々の戦いの記録です。
 島小(しまぐわぁ)とは、沖縄にもともとあるものの総称を言い、草や木々、馬や豚、
そしてウチナンチュ(沖縄人)それら全てを「島小」と沖縄の人々は呼びます。「島小」
とは何よりも沖縄の心であり、沖縄の人々の心の原点なのです!
 今回は、オリジナルの16ミリフィルムによる上映となります。

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について