本文の先頭へ
LNJ Logo 明治大学平和教育登戸研究所資料館 第9回企画展「帝銀事件と登戸研究所」&「帝銀事件 死刑囚」上映会(川崎市、明治大学・生田キャンパス)
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
Event 1546318163655ma...
Status: published
View


2019/02/23 明治大学平和教育登戸研究所資料館 第9回企画展「帝銀事件と登戸研究所」&「帝銀事件 死刑囚」上映会(川崎市、明治大学・生田キャンパス)

案内→http://www.meiji.ac.jp/noborito/info/6t5h7p00000t55wg.html
チラシ→https://goo.gl/evPSr5

 今から70年前の1948(昭和23)年1月26日,日本の犯罪史上でも特筆すべき大量殺人事件である帝銀事件が起きました。
 12名もの人が毒殺されたこの事件で使用された毒薬は、特殊な青酸化合物であるとみなされ、その有力な候補が登戸研究所で開発された暗殺用毒物「青酸ニトリール」でした。
 今年度の企画展では、捜査本部で捜査の指揮をとっていた警視庁捜査一課の係長が残した膨大な『甲斐捜査手記』(未公開文書)を読み解き、捜査が旧日本陸軍の毒物研究の実態にどこまで迫っていたのか、犯行毒物と登戸研究所との関係、毒物開発と人体実験、そして毒物をめぐって急転回をとげた捜査と裁判、事件とGHQの関係などを追及します。

明治大学平和教育登戸研究所資料館 第9回企画展「帝銀事件と登戸研究所」
会 期:2018年11月21日(水)〜2019年3月30日(土)
※休館日:日曜〜火曜
会 場:明治大学 平和教育登戸研究所 資料館
    〒214-8571 神奈川県川崎市多摩区東三田1-1-1 明治大学生田キャンパス内
    アクセス→http://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/ikuta/access.html
    キャンパスマップ→https://goo.gl/fE2q3A
開館時間:10:00〜16:00
入館料:無料
主 催:明治大学 平和教育登戸研究所 資料館

展示期間中関連イベント
■□特別プログラム□■
●「帝銀事件 死刑囚」上映会
 熊井啓監督。日活。1964年公開。116分。
 現場の実地調査と関係者への取材を積み重ねて制作されたセミドキュメンタリードラマ。
 帝国銀行椎名町支店の見取り図から忠実に事件現場を再現。生田キャンパスでも撮影が行われており,現存しない登戸研究所建築物を見ることができる点でも必見です。
 上映後,渡辺賢二氏(登戸研究所調査の第一人者)と館長のトークショーを行います。
 元登戸研究所員たちの目からみた帝銀事件とは・・・
【日時】2019年2月23日(土)13:00〜15:00 開場12:30
【会場】生田キャンパス 中央校舎 6F メディアホール
【定員】280名(当日先着順)
【参加費用】無料
【参加方法】当日会場まで直接お越しください。予約不要。

<お問い合わせ先>
 明治大学平和教育登戸研究所資料館
 〒214-8571 神奈川県川崎市多摩区東三田1-1-1 明治大学生田キャンパス内
 TEL/FAX 044-934-7993 e-mail:noborito@mics.meiji.ac.jp

参照:https://maga9.jp/eventinfo/

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について