本文の先頭へ
LNJ Logo 第二次世界大戦末期の沖縄戦の真実に迫ったドキュメンタリー映画「沖縄スパイ戦史」(三上智恵・大矢英代 共同監督作品)上映会 ゲスト:石嶺香織さん(名古屋市)
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
Event 1546144945799ma...
Status: published
View


2019/02/16 第二次世界大戦末期の沖縄戦の真実に迫ったドキュメンタリー映画「沖縄スパイ戦史」(三上智恵・大矢英代 共同監督作品)上映会 ゲスト:石嶺香織さん(名古屋市)

ふたりのジャーナリストが迫った沖縄戦の最も深い闇。
少年ゲリラ兵、戦争マラリア、スパイ虐殺……
そして、ついに明かされる陸軍中野学校の「秘密戦」とは?

『沖縄スパイ戦史』上映会
■上映日:2019年2月16日(土)
■上映時間:
・上映会 9時半〜11時半(9時受付開始)
・語る会 13時〜14時(12時40分受付開始)
・上映会◆15時〜17時(14時半受付開始)
<休憩10分>
・語る会◆17時10分〜18時10分
・上映会 19時〜21時(18時40分受付開始)

*語る会ゲスト:石嶺香織さん(宮古島より、
        てぃだぬふぁ 島の子の平和な未来をつくる会 共同代表)
*上映会 ↓△和児保育あります。要予約・先着順・保険代100円
■会場:名古屋市立大学滝子(山の畑)キャンパス 1号館 201教室
■会場住所:愛知県名古屋市瑞穂区瑞穂町字山の畑1
■会場アクセス:https://www.nagoya-cu.ac.jp/access/takiko.html
主催:てぃだぬふぁ名古屋&名古屋市立大学大学院人間文化研究科 阪井研究室
●「てぃだぬふぁ名古屋」Facebook:https://goo.gl/4G4p67
共催:全国児童・青少年演劇協議会東海ブロック
   STOP改憲ママアクションあいち
お問合せ:TEL:090−7812−2718(山本)
     E-mail:tidanufa.nagoya★gmail.com
     *メールでお問合せの際は★を@にかえてください。
*料金や予約状況など詳細は主催者までお問合せください。

参照:http://www.tofoo-films.jp/spy-senshi/?p=2120

ドキュメンタリー映画「沖縄スパイ戦史」
監 督:三上智恵、大矢英代
プロデューサー:橋本佳子、木下繁貴
撮 影:平田守
編 集:鈴尾啓太
監督補:比嘉真人
音 楽:勝井祐二
協 力:琉球新報社、沖縄タイムス社
製作協力:沖縄記録映画製作を応援する会
製 作:DOCUMENTARY JAPAN、東風、三上智恵、大矢英代
配 給:東風
2018/日本/DCP/114分/ドキュメンタリー
公式サイト:http://www.spy-senshi.com/

戦後70年以上語られなかった陸軍中野学校の「秘密戦」、明らかになるのは過去の沖縄戦の全貌だけではない••••••――。
 第二次世界大戦末期、米軍が上陸し、民間人を含む24万人余りが死亡した沖縄戦。
 第32軍・牛島満司令官が降伏する1945年6月23日までが「表の戦争」なら、北部ではゲリラ戦やスパイ戦なと「裏の戦争」が続いた。
 作戦に動員され、銃を持ち故郷の山に籠もって米兵たちを翻弄したのは、まだ10代半ばの少年たち。
 彼らを「護郷隊」として組織し、「秘密戦」のスキルを仕込んだのが日本軍の特務機関、あの「陸軍中野学校」出身のエリート青年将校たちだった。
 1944年の晩夏、大本営が下した遊撃隊の編成命令を受け、42名の「陸軍中野学校」出身者が沖縄に渡った。
 ある者は偽名を使い、学校の教員として離島に配置された。
 身分を隠し、沖縄の各地に潜伏していた彼らの真の狙いとは。
 そして彼らがもたらした惨劇とは……。

「散れ」と囁くソメイヨシノ 「生きろ」と叫ぶカンヒザクラ
 長期かつ緻密な取材で本作を作り上げたのは、二人のジャーナリスト。
 映画『標的の村』『戦場ぬ止み(いくさばぬとぅどぅみ)』『標的の島 風(かじ)かたか』で現代の闘いを描き続ける三上智恵と、学生時代から八重山諸島の戦争被害の取材を続けてきた若き俊英、大矢英代。
 少年ゲリラ兵、軍命による強制移住とマラリア地獄、やがて始まるスパイ虐殺……。
 戦後70年以上語られることのなかった「秘密戦」の数々が一本の線で繋がるとき、明らかになるのは過去の沖縄戦の全貌だけではない••••••
 映画は、まさに今、南西諸島で進められている自衛隊増強とミサイル基地配備、さらに日本軍の残滓を孕んだままの「自衛隊法」や「野外令」「特定秘密保護法」の危険性へと深く斬り込んでいく。

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について