本文の先頭へ
LNJ Logo 映画上映会「いのちの岐路に立つ〜核を抱きしめたニッポン国」(茨城・牛久市)
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
Event 1546143886314ma...
Status: published
View


2019/03/30 映画上映会「いのちの岐路に立つ〜核を抱きしめたニッポン国」(茨城・牛久市)

案内→https://goo.gl/VZKVEa

映画上映会「いのちの岐路に立つ〜核を抱きしめたニッポン国」
日 時:2019年3月30日(土)開場9:30〜、上映10:00〜
会 場:牛久市中央生涯学習センター 視聴覚室(定員45人)
    〒300-1211 茨城県牛久市柏田町1606-1
    地図→https://loco.yahoo.co.jp/place/g-pk0thtyWsVU/map/
入場料:500円
主 催:環境学習同好会(tel.029-874-5089 中村弘美)

「いのちの岐路に立つ〜核を抱きしめたニッポン国」
監督・編集:原村政樹
語り:中村敦夫
2017年/110分
公式サイト:https://inochimovie.wordpress.com/
出演
堀江 壯 「伊方原発運転差止広島裁判」原告団長、広島の被爆者。
伊藤正雄 「伊方原発運転差止広島裁判」原告副団長、広島の被爆者。
西岡 洋 長崎で被爆。丸木位里、俊の「原爆の図」巡回展にかかわる。
大石又七 第五福竜丸乗組員として、ビキニ環礁での水爆実験に遭遇し被爆。
藤本陽一 元東大原子核研究所教授、早大名誉教授。
加藤哲郎 一橋大学名誉教授、元早稲田大学客員教授。
樋口健二 日本写真芸術専門学校副校長、原発労働者たちの被曝を追い続ける。
梅田隆亮 敦賀原発等の労働で被曝し福岡高裁で法廷闘争中。
椋本貞憲 徳島県阿南市の「蒲生田原発」建設阻止のリーダー。
太居雅敏・英征親子 阿南市椿泊の漁師。
関千枝子 旧制女学校2年生のとき広島で被爆。フリーのジャーナリスト。

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について