本文の先頭へ
LNJ Logo 「東京朝鮮高校生の裁判を支援する会」第六回年次総会 & 最高裁勝利をめざして!朝鮮学校の子どもたちに笑顔を! 東京集会−子どもたちの声にどう応えるか−(東京・武蔵野市)
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
Event 1546085860569st...
Status: published
View


2019/02/02 「東京朝鮮高校生の裁判を支援する会」第六回年次総会 & 最高裁勝利をめざして!朝鮮学校の子どもたちに笑顔を! 東京集会−子どもたちの声にどう応えるか−(東京・武蔵野市)

案内→http://mushokashien.blog.fc2.com/

最高裁勝利をめざして!
朝鮮学校の子どもたちに笑顔を!
子どもたちの声にどう応えるか

 毎年2月20日は朝鮮学校が無償化排除になった屈辱の日。
 この日を忘れないようにと、2月に朝鮮学校支援全国ネット主催の各地区の活動が行われる。
 東京では「子どもたちの声にどう応えるか」と題して、金曜行動の映像やリレートークを行う。

 東京「高校無償化」裁判はついに最高裁上告へと至り、最も重要な局面を迎えています。
 東京朝鮮高校生たちが「高校無償化」排除に対する国家賠償請求訴訟を2014年に提起してから5年が経ちました。
 裁判では2017年9月に第一審で原告が敗訴し、控訴した東京高裁判決でも、2018年10月、朝鮮高校生たちの訴えは退けられました。
 東京地裁、高裁は朝鮮高校生の正当な訴えに向き合うことなく、国側の朝鮮学校差別を追認したのです。
 大阪、愛知、広島、九州など各地で裁判が行われていますが、東京「高校無償化」裁判はついに最高裁へと至りました。
 朝鮮学校の生徒たちは「高校無償化」法が制定されたときから、9年にもわたり制度の適用を求め、声を挙げ続けてきました。
 朝鮮大学生の学生たちもすでに300回近く、毎週金曜日に文科省前で抗議行動を行ってきました。
 しかし、未だ「高校無償化」制度は適用されず、朝鮮学校に対する差別は続いています。
 今こそ、こうした朝鮮学校の子どもたちの声にどう応えるか、私たち一人一人が問われているのではないでしょうか。
 今回の総会では、子どもたちの声にいかに応えるか、そして今後の裁判闘争、「高校無償化」制度適用を求める運動の先を見越してどうしていくのかについて考え、再決起する場にしたいと思います。

 この日は、会員の方はもちろん、会員以外の方々にも広く参加を募っています。
 ぜひ、多くの方のご参加をお願いします!
 なお本集会は、2019年2月の「朝鮮学園を支援する全国ネットワーク・全国行動月間」の一環として取り組まれます。

「東京朝鮮高校生の裁判を支援する会」第六回年次総会 & 最高裁勝利をめざして!朝鮮学校の子どもたちに笑顔を! 東京集会−子どもたちの声にどう応えるか−
日 時:2019年2月2日(土)18:20開場
    18:40 裁判支援集会・総会
    19:20 東京集会
会 場:武蔵野公会堂 ホール
    東京都武蔵野市吉祥寺南町1丁目6-22
    JR「吉祥寺駅」徒歩3分
    地図→https://goo.gl/4z44Ny
スケジュール:
 18:40 「東京朝鮮高校生の裁判を支援する会」第六回年次総会
 19:20 「子どもたちの声にどう応えるか」東京集会
  ●映像上映「アイ(아이)〔子ども〕たちの学校」予告編
       「金曜行動の現場から」
  ●リレートーク(弁護団・オモ二会・支援する会)
       「子どもたちの声にどう応えるか」
  ●今後の行動提起
参加費:500円
主 催:東京朝鮮高校生の裁判を支援する会
   「高校無償化」からの朝鮮学校排除に反対する連絡会
    学校法人東京朝鮮学園
    東京朝鮮中高級学校
    東京朝鮮学校オモニ会連絡会
   「東京朝鮮高校生の裁判を支援する会」
総会主催:東京朝鮮高校生の裁判を支援する会
連絡先:Eメール:mushokashien@yahoo.co.jp
    電話:080-3930-4971
    FAX:03-3819-0467

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について