本文の先頭へ
LNJ Logo オルタナティブな日本をめざして(第24回):「どうする化学物質の管理:環境ホルモンがもたらす危険性から考える」(東京・水道橋)
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
Event 1546007376911st...
Status: published
View


2019/03/14 オルタナティブな日本をめざして(第24回):「どうする化学物質の管理:環境ホルモンがもたらす危険性から考える」(東京・水道橋)

3.14オルタナティブな日本をめざして(第24回):「どうする化学物質の
管理:環境ホルモンがもたらす危険性から考える」(中下裕子弁護士)
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2018/12/24-9464.html

「ダイオキシン・環境ホルモン(内分泌かく乱化学物質)をはじめとする有害化学物
質は、地球規模に広がり、食物連鎖を介して野生生物の生存を脅かしています。さら
に、これら有害化学物質は、胎盤・母乳を通じて子どもに移行し、何の罪もない未来
世代の子どもたちの生命と健康に重大な脅威をもたらしています。こうした有害化学
物質汚染の危機を回避して、未来世代の子どもたちや野生生物が安全に生まれ育つこ
とができる環境を取り戻すことは、現代に生きるわれわれの責務です。そのために
は、現行の縦割りの管理制度を抜本的に見直して、予防原則に立脚した多面的・総合
的な化学物質政策を実現する必要があります。残念なことに、わが国の立法や行政の
対応は著しく立ち遅れています」(ダイオキシン・環境ホルモン対策国民会議HPよ
り)。今回は、同会議代表の中下裕子弁護士より、巨大化した現代日本における化学
物質利用について、その法的管理をいかに構築していくべきかを、現状の法規制や海
外での動向などもご紹介いただきながら、お話していただきます。みなさまのご参集
をお待ちしております。

講 師:中下裕子(なかした ゆうこ)さん 
 京都大学法学部卒。1980年米国ジョージ・ワシントン大学比較法修士課程修了。
1979年弁護士登録(第二東京弁護士会)。現在、「ダイオキシン・環境ホルモン対策
国民会議」代表。

日 時:2018年3月14日(木)18時〜21時(開場17時30分) 
会 場:スペースたんぽぽ 参加費(資料代含む):800円(学生400円)
 たんぽぽ舎のあるダイナミックビルの4階 JR水道橋駅西口から5分
 水道橋西通りを神保町方面に向けて左折、グローバルスポーツビル、
 GS跡地(セブンイレブン)を過ぎて鉄建建設本社ビルを過ぎたら左折。
 東京都千代田区神田三崎町2-6-2  tel 03-3238-9035 fax 03-3238-0797 
 Email: nonukes@tanpoposya.net URL: http://www.tanpoposya.com/

 <参考>
(1)化学物質の審査及び製造等の規制に関する法律(化審法) (METI-経済産業
省)
 http://www.meti.go.jp/policy/chemical_management/kasinhou/index.html
(2)化学物質排出把握管理促進法(METI-経済産業省)
 http://www.meti.go.jp/policy/chemical_management/law/index.html

 <別添PDFファイル>
(1)「減プラスチック社会提言書」を環境省へ提出(中下裕子『JEPAニュース
VOL114 2018.12』)
(2)農薬取締法改正:再評価制度と農薬登録審査の見直し(橋高真佐美『JEPA
ニュース VOL114 2018.12』)

注:「ダイオキシン・環境ホルモン対策国民会議」(Japan Endocrine-disruptor
Preventive Action:JEPA)
 http://kokumin-kaigi.org/

 <関連サイト>
(1)クジラの胃からプラごみ5.9キロ インドネシアに流れ着く:朝日新聞デジ
タル
 https://www.asahi.com/articles/DA3S13777849.html?ref=nmail_20181121mo
(2)プラスチック危機:世界の塩9割からプラ片 21国・地域 - 毎日新聞
 https://mainichi.jp/articles/20181031/k00/00e/040/183000c?fm=mnm
(3)世界のプラごみ、年3億トン発生 環境への流出で損害1兆円超 - 共同通信
 https://this.kiji.is/398266667908924513
(4)ネオニコチノイド系農薬の使用禁止に関する意見書(日弁連 2017.12.21)
 http://qq4q.biz/OSUk
(5)厚労省指針、3物質断念、シックハウス、業界に配慮(毎日 2018.12.28)
 http://qq4q.biz/OSUS
(6)環境省_化学物質の内分泌かく乱作用
 http://www.env.go.jp/chemi/end/

(参考)オルタナティブな日本を目指して(これまでのもの一覧)(更新)- いちろ
うちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2018/11/post-d0d3.html

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について