本文の先頭へ
LNJ Logo 申込み シンポジウム どう伝える?福島原発事故のこと〜3・11を忘れない 福島から未来へ(3/9)(東京・渋谷区 聖心女子大学)
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
Event 1545978974756ma...
Status: published
View


2019/03/09 申込み シンポジウム どう伝える?福島原発事故のこと〜3・11を忘れない 福島から未来へ(3/9)(東京・渋谷区 聖心女子大学)

案内→http://www.foejapan.org/energy/evt/190309.html
チラシ→http://www.foejapan.org/energy/evt/pdf/190309.pdf

 東京電力・福島第一原発事故から、まもなく8年がたとうとしています。
 原発事故は収束しておらず、被害の深刻さは続いているのにもかかわらず、事故の影響の意図的な「見えない化」が進められようとしています。
 また、オリンピックや「復興」のかけ声のもと、事故について語りづらい空気が醸成されているのではないでしょうか。
 原発事故をどのように次世代に伝えていくか、今私たちに問われている課題について、当事者からの声を踏まえ、広く議論を行います。
 ぜひご参加ください。

シンポジウム どう伝える?福島原発事故のこと〜3・11を忘れない 福島から未来へ(3/9)
日 時:2019年3月9日(土)14:00〜18:00
会 場:聖心女子大学 4号館 聖心グローバルプラザ・ブリット記念ホール
    〒150-8938 東京都渋谷区広尾4-2-24
    東京メトロ日比谷線「広尾駅」4番出口から徒歩1分
    地図→https://kyosei.u-sacred-heart.ac.jp/access/
内 容(予定):
<第一部> 原発事故から8年、「見えない化」される被害の今
・原発事故後の政策と被害の現状(満田夏花/FoE Japan)
・押しつぶされた「声」〜ジェンダーの視点から
(清水奈名子さん/宇都宮大学学術院国際学部准教授
<第二部> 当事者として被害を語る
・福島のお母さんたちの思い
 保養の意義…福島在住のお母さん(福島ぽかぽかプロジェクト)
・福島で暮らすこと 若者たちの思い…福島在住の大学生(福島の学生)
・避難区域のいま、女性や高齢者の声…調整中
<休憩>
<第三部> 原発事故を語り継ぐために
・チェルノブイリとの比較より 後藤忍(福島大学共生システム理工学類准教授)
・パネルディスカッション
参加費:500円(FoE Japan会員は無料)
※当日の会員申込みも歓迎!
定 員:300人(申し込み先着順)
申込み:下記申込みフォームからお申し込みください。
    一般→https://www.foejapan.org/event/event_form.html
    FoE会員→https://www.foejapan.org/event/spt_event_form.html
主 催:FoE Japan
協 賛:アーユス仏教国際協力ネットワーク
    JIM-NET
    ピースボート
    環境文明21
    他(調整中)
協 力:調整中
問合せ:国際環境 NGO FoE Japan
    Tel:03-6909-5983
    Fax:03-6909-5986
    E-mail:info@foejapan.org
※会場内でのチラシまきはご遠慮ください。
 置きチラシコーナーを設けますので、そちらへどうぞ。(お一人、3種類くらいまででお願いします。)

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について