本文の先頭へ
LNJ Logo 2019年 多喜二の火を継ぐ 大阪多喜二祭(大阪市)
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
Event 1545464039537ma...
Status: published
View


2019/02/10 2019年 多喜二の火を継ぐ 大阪多喜二祭(大阪市)

チラシ→http://www17.plala.or.jp/kyodo/0210.pdf

2019年 多喜二の火を継ぐ 大阪多喜二祭
日 時:2019年2月10日(日)開場13:00 開会13:30
会 場:クレオ大阪 東ホール
    〒536-0014 大阪市城東区鴫野(しぎの)西2-1-21
    アクセス→http://users.astone.co.jp/ohsakazion/creoosaka_east_map.html
●第一部 文化行事 関西合唱団
 創立以来70年間、日本のうたごえ運動を大阪で推進するため、
 「うたごえは平和の力」「うたはたたかいとともに」「うた
 ごえは生きる力」をモットーに、地域や職場に根ざした創造
 ・演奏普及活動をすすめてきました。
●第二部 記念講演「共闘と変革の21世紀−今こそ、多喜二を読み、語ろう」(仮題)
 講師 谷本諭さん(文芸評論家)
資料代:1000円
主 催:大阪多喜二祭実行委員会
お問合せ:治安維持法国賠同盟大阪府本部
     TEL 06-6772-7555

小林多喜二(1903〜1933、享年29)
 秋田県大館市に生まれ、4歳より北海道小樽市で育つ。
 「1928年3月15日」「蟹工船」などの作品により、日本のプロレタリア文学運動を代表する作家となった。
 1933年、地下活動中に逮捕され、東京・築地署で拷問により殺された。

講師プロフィール 谷本諭(たにもと・さとし)さん
 1970年、大阪府堺市生まれ。
 京都大学経済学部卒業。
 日本民主主義文学会会員。
 文芸評論家。
 2018年、「社会主義リアリズムとは何だったのか」で「第10回 手塚英孝賞」を受賞。

参照:http://www17.plala.or.jp/kyodo/

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について