本文の先頭へ
LNJ Logo アジア連帯講座:反基地運動から見えてきた自衛隊の今(東京・文京)
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
Event 1543206266140st...
Status: published
View


2019/01/18 アジア連帯講座:反基地運動から見えてきた自衛隊の今(東京・文京)

アジア連帯講座:反自衛隊連続講座

反基地運動から見えてきた自衛隊の今

 報告:池田五律さん(戦争に協力しない!させない!練馬アクション)

日時:2019年1月18日(金)/午後6時30分
会場:文京区民センター3D会議室
資料代:500円
主催:アジア連帯講座
  東京都渋谷区初台1-50-4-103 新時代社気付 TEL:03-3372-9401 FAX:03-3372-9402
  ブログ「虹とモンスーン」 http://monsoon.doorblog.jp/ 

 日米安保体制下、グローバル派兵に向けて自衛隊と基地が大きく変貌しつつあります。安倍政権は、2013年に決定した防衛計画の大綱(防衛大綱)を改定します(2018.12)。大綱は、日米安保体制下、対中国シフトを強め、地上配備型迎撃システム「イージスアショア」やステルス戦闘機F35など高額な武器を米国から購入、さらに宇宙やインターネット空間での能力の強化、離島防衛と書して長射程の巡航ミサイルの導入などを明記しています。つまり、自衛隊の敵基地攻撃能力を持つことを軸に再編しようとしています。
 講座は、長年、反基地運動と米軍・自衛隊をシャープな切り口で分析、批判してきた池田五律さんに自衛隊と基地の現段階、今後の反対運動の取り組みの方向性などを報告していただきます。ぜひ参加を

■2019.3.22アジア連帯講座:反自衛隊連続講座

自衛隊の南西シフト: 戦慄の対中国・日米共同作戦の実態
小西誠さん(軍事ジャーナリスト)

2019年3月22日(金)午後6時半/都内

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について