本文の先頭へ
LNJ Logo 警視庁機動隊の沖縄への派遣は違法 住民訴訟『証人尋問』第1回 裁判所が被告に申請するよう求めた証人:派遣要求当時の沖縄県警警備部長 重久真毅氏(東京地裁)
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
Event 1543065862863ma...
Status: published
View


2019/02/27 警視庁機動隊の沖縄への派遣は違法 住民訴訟『証人尋問』第1回 裁判所が被告に申請するよう求めた証人:派遣要求当時の沖縄県警警備部長 重久真毅氏(東京地裁)

やんばるの森・高江で、沖縄で起きていること
 沖縄本島北部・東村高江では住民が長年にわたり、米軍機墜落の不安、騒音による健康障害、自然環境への悪影響等を地道に訴えてきました。
 米軍基地が集中する沖縄では、頻繁に起きる事故や事件で日常が脅かされています。
 それにも拘わらず、2016年7月、米軍基地建設を強行するために全国から500名以上の機動隊が派遣され、現地では機動隊による強制排除、恫喝、暴力、違法行為等が横行しました。

 この機動隊派遣は、東京都公安委員会で会議すら開かずに行われていたことをご存知ですか?
 私たちの税金が高江の人たちの弾圧に使われたことを見過ごしてはならない。そんな思いで始めた住民訴訟が、今大きな山場を迎えています。
 高江で何が起きたのか、それは許されることなのか。
 二度と同じことが起こさせないよう真相を解明しなければいけません。
 ぜひ、この裁判を注視してください。

警視庁機動隊の沖縄への派遣は違法 住民訴訟『証人尋問』
日時:
 ★1回目:2019年2月27日(水)14時〜16時半
 ★2回目:2019年3月20日(水)14時〜16時半
 ★3回目:2019年4月24日(水)14時〜16時半
場所:東京地方裁判所103号法廷
   東京都千代田区霞が関1-1-4
   東京メトロ「霞ヶ関駅」A1出口1分
   地図:https://goo.gl/maps/9sKnC66eX8J2

原告から求めた証人(2、3回目の予定)
・高江住民2名
・元土木技術者1名
・昆虫蝶類研究者1名
・映像作家1名
・弁護士1名
・原告1名

裁判所が被告に申請するよう求めた証人(1回目の予定)
・派遣要求当時の沖縄県警警備部長 重久真毅氏
(現・警察庁警備局外事情報部国際テロリズム対策課理事官)

●お問い合わせ
 警視庁機動隊の沖縄への派遣中止を求める住民監査請求実行委員会
 https://juminkansaseikyu.wordpress.com/
 E-mail:juminkansaseikyu[at]gmail[dot]com
 (※[at]を@に、[dot]を.に変えてご利用ください)
 Facebook:「警視庁機動隊の沖縄への派遣は違法 住民訴訟」

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について