本文の先頭へ
LNJ Logo 【予約優先】PARC自由学校オープン講座「ポピュリズムと排外主義に揺れるヨーロ ッパ ― ドイツから日本への示唆」(淡路町)
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
Event 1541552384881st...
Status: published
View


2018/11/27 【予約優先】PARC自由学校オープン講座「ポピュリズムと排外主義に揺れるヨーロ ッパ ― ドイツから日本への示唆」(淡路町)

********************************************************************************
*************
11月27日(火)
PARC自由学校オープン講座
『ポピュリズムと排外主義に揺れるヨーロッパ ― ドイツから日本への示唆』
http://www.parc-jp.org/freeschool/event/181127.html
********************************************************************************
*************

 近年、世界の多くの国・地域で、排外主義的な動きが広がっています。特にヨーロッパ
では移民や難民を受け入れた結果、排外主義や差別が横行するようになりました。また経
済的な格差や貧困も拡大する中で、その原因を外国人に転嫁し、排斥する動きも見られま
す。さらに、既存政党に対抗して大衆迎合主義(ポピュリズム)を掲げる政党や、移民排
斥を公約に掲げる政党も出現しています。

 特に欧州では政権選択に結びつく選挙においても、極右政党の得票率は右肩上がりに伸
びているといわれます。既存政党への不信感がその底流にはあり、欧州政治は不安定さ
を増しています。

 こうした中、注目されるのがドイツです。第二次世界大戦後、「過去との対決」に最も
力を入れてきたドイツでは、これまで極右勢力の影響力が限られていましたが、この数年
の難民危機をきっかけに崩れ始めているといわれます。

 民主主義や人権を重んじる社会が存在する一方、なぜこのような事態が生じているので
しょうか?
また排外主義や差別を乗り越えるため、市民社会ではどのような議論や運動が行われてい
るのでしょうか?
この講座では、国際政治史・ヨーロッパ政治学がご専門で、ドイツ・ケルン大学での研究
活動を終え9月に帰国したばかりの板橋拓己さんに、現代ドイツのポピュリズムと排外主
義についてお話いただきます。

 折しも日本の国会では、 財界の要請というだけで移民受入の法案が審議されています
。本来であれば制度や待遇、受け入れ数などを明確にし、さらには日本社会の未来像を含
めて議論すべきですが、非常に拙速で不十分な審議が進んでいます。こうした状況の中で
、ドイツの経験や課題は、大きな示唆を与えてくれるでしょう。ぜひご参加ください。

■日 時:2018年11月27日(火)19:00〜21:00 開場18:30
■会 場:PARC自由学校 2F 教室
http://www.parc-jp.org/guidance/guidance_04.html
■参加費:500円 ※予約優先
■講師:板橋拓己さん(成蹊大学法学部教授)
■講師プロフィール
成蹊大学法学部教授。専門は国際政治史・ヨーロッパ政治学。2016年9月〜2018年9月まで
、ドイツのケルン大学歴史学科歴史教授学・ヨーロッパ統合史講座客員研究員。主著に『
アデナウアー─現代ドイツを創った政治家』(中公新書)、『黒いヨーロッパ─ドイツに
おけるキリスト教保守派の「西洋(アーベントラント)」主義、1925ー1965年』(吉田書店
)。訳書にヤン=ヴェルナー・ミュラー『ポピュリズムとは何か』(岩波書店)等多数。
■お申し込み
(※)下記のフォームから入力されるか
メールか電話で、お名前とご連絡先、申込人数をご連絡 ください。
http://www.parc-jp.org/guidance/form06.html

********************************************
◆お問合せ◆
NPO法人アジア太平洋資料センター(PARC)
東京都千代田区神田淡路町1-7-11 東洋ビル3F
TEL.03-5209-3455
E-mail : office@parc-jp.org
URL: http://www.parc-jp.org/
********************************************

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について