本文の先頭へ
LNJ Logo 申込 12/2 小野沢あかね他 歴博国際研究集会 買売春と社会:日本中世から近代まで(本郷三丁目駅)
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
Event 1541299054441yl...
Status: published
View


2018/11/29 申込 12/2 小野沢あかね他 歴博国際研究集会 買売春と社会:日本中世から近代まで(本郷三丁目駅)

2018年の歴博国際研究集会
買売春と社会:日本中世から近代まで

開催概要

日時:2018年12月2日(日) 9:00 〜 17:15
場所:東京大学文学部 法文1号館215室
対象:研究者、学生、一般
定員:50名 (要事前申込)
使用言語:日本語、一部英語(通訳あり)
主催:国立歴史民俗博物館
スケジュール
9:00-9:10   開催趣旨
       (横山百合子:国立歴史民俗博物館)
9:10-10:00  「中世遊女の家族と信仰」
        (辻浩和:川村学園女子大学)
10:00-10:50 「ジェンダー史としての天保改革と江戸」
        (エイミー・スタンレー:ノースウェスタン大学)
11:00-11:50 「新吉原遊廓における遊女の自己形成とリテラシー」
        (横山百合子:国立歴史民俗博物館)
13:00-13:50 「明治期日本の梅毒と地域社会―栃木県塩谷郡の事例から―」
        (廣川和花:専修大学)
13:50-14:40 「遊廓・花街と金光教の布教」
        (高木博志:京都大学)
15:00-15:15 コメント(小野沢あかね:立教大学)
15:15-17:00 討論
17:00-17:15 総括(義江明子:元帝京大学)

司会 池田忍(千葉大学)、村和明(東京大学)

開催趣旨
日本の買売春の歴史は、多くの場合、社会史全般から切り離された特殊な分野史として位置づけられ、研究されてきました。この国際研究集会では、前近代から近代日本における女性への抑圧を背景とする買売春の実態を、それぞれの時代の社会の特質と関連づけながら明らかにし、“買売春と社会”という視点に立つ新たな研究のステージを拓くことを目指します。

※本研究集会は歴博基盤共同研究「日本列島社会の歴史とジェンダー」の成果に基づく事業です。

お申し込み方法
資料準備の都合上、参加ご希望の方は、(1)お名前 (2)メールアドレス (3)懇親会参加希望有無 をご記入の上、11月29日(木)までに gender@rekihaku.ac.jp 宛にお申し込み下さい。

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について