本文の先頭へ
LNJ Logo 貨幣、貨幣! 「貨幣または商品流通」-支払手段・世界貨幣-(資本論を読む会‐東京・池袋)
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
Event 1541297014805ya...
Status: published
View


2018/11/17 貨幣、貨幣! 「貨幣または商品流通」-支払手段・世界貨幣-(資本論を読む会‐東京・池袋)

★月1回のペースで『資本論』第1巻を読み進めています。

★前回、10月6日(土)は、その前の読書会で「支払い手段の準備金」の形態をとる貨幣蓄蔵形成に関し、理解に相違が生じたので、再度議論しました(その内容は、下記ホームページの『学習会案内』の【前回の報告】に載っていますので参照して下さい)。そのため、「b支払手段」の箇所が少し残ってしまいました。
 残り部分では、流通手段および支払手段として機能するための貨幣は総額はどれだけなのかをはじめ、現代の私たちにとっておなじみの信用貨幣(銀行券)はどのように発生してたのか、支払手段としての貨幣が活躍する分野はどこなのか、といったところを読み合わせ、検討します。続いて第3節の最後の項「c世界貨幣」に入ります。以下、学習会案内からの引用です。
 「今日、グローバル経済と呼ばれるように、各国経済は世界経済と深く結びつけられています。マルクスが『資本論』を書いた時代とは比べものにならないほどです。「世界貿易では、諸商品はそれらの価値を普遍的に展開」しますが、これに対応して貨幣もこれらの商品に世界貨幣(普遍的貨幣――フランス語版)として相対しなければなりません。そもそも世界貨幣とは一体どういう存在なのでしょうか? そんなことがテーマになります。今日の世界経済は大きく変貌していますが、本節での考察は最も基礎となるものです」
 
★池袋『資本論』を読む会は長い活動歴のある学習サークルです。現在『資本論』を学びたい人は誰でも自由に参加できます。『資本論』理解を少しでも深めるため、読み合わせを行い、レポーターからの報告をもとに、質問や意見を出し合って討論しています。学習会はまだ第一篇を終えてない段階です。『資本論』に興味があるが第一歩が踏み出せないという方、途中で読むのをやめてしまったが再挑戦したい方の参加大歓迎です。共に学びましょう。

★日時 11月 17日(土)  午後6時から9時まで 

★場所 西池袋第二区集会室(豊島区西池袋3-8-20)
JR池袋駅西口から徒歩約10分
    豊島勤労福祉会館そばに案内図があり、曲がる角ごとにも案内図があります。
    地図は、下記「読む会」のホームページを参照ください。

★学ぶ範囲 第1篇「商品と貨幣」第3章「貨幣または商品流通」
      第3節「貨幣」、「b支払手段」の残りと「c世界貨幣」です。
     『資本論』をご用意ください(出版社は問いません)

★会のサイト <ホームページ>http://study-capital.la.coocan.jp
       <ブログ>ttp://blogs.yahoo.co.jp/mmasa_ka
連絡・問い合わせ⇒080(3555)2421(もり)  03(6767)2869 (さかい)

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について