本文の先頭へ
LNJ Logo 【FoE Japan報告会 in 信州】3・11から未来へ 考えよう−福島の今、環境・原発のこと(長野市)
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
Event 1540361652525ma...
Status: published
View


2018/11/17 【FoE Japan報告会 in 信州】3・11から未来へ 考えよう−福島の今、環境・原発のこと(長野市)

案内→http://www.foejapan.org/energy/evt/181117.html
チラシ→http://www.foejapan.org/energy/evt/pdf/181117.pdf

 東京電力福島第一原発事故から7年半以上がたちました。
 福島県の避難者はいまだに4万4千人にものぼり、多くの人たちが故郷を失い苦しい避難生活を送っています(福島県発表/自主避難者の約3万人は統計から除外されている/2018年7月現在)。
 一方、自主避難者への住宅支援が2017年3月に打ち切られ、「復興」の掛け声のもと、福島への「帰還キャンペーン」が展開されています。
 東電の救済と原発延命のために、国民や電力ユーザーからの費用負担の仕組みがつくられるなか、避難者の支援のためのお金は削られ続けています。
 また、海外への原発輸出が政府・電力会社一体ですすめられ、福島原発事故がなかったかのような原発推進政策が復活しています。
 脱原発2018 in 信州実行委員会のご協力を得て、福島の現状やエネルギー政策、原発輸出問題についての報告会を開きます。
 お誘い合わせの上、ぜひご来場ください。

【FoE Japan報告会 in 信州】3・11から未来へ 考えよう−福島の今、環境・原発のこと
日 時 2018年11月17日(土)13:30〜16:30(開場13:30)
会 場 長野市芸術館 アクトスペース
    長野市鶴賀緑町1613(長野市役所)
    ※車は市役所駐車場をご利用ください。
    アクセス→https://www.nagano-arts.or.jp/access/
内 容(予定)
・福島の今〜「見えない化」される被害の実像
 エネルギー転換と原発ゼロ基本法案を実現へ
 …満田夏花
・福島の子どもたちの現状と保養〜福島ぽかぽかプロジェクト
 …矢野恵理子
・「脱原発」が世界の潮流〜日本からの原発輸出と世界
 …深草亜悠美
資料代 500円
申込み 不要
主 催 国際環境 NGO FoE Japan
    脱原発2018 in 信州実行委員会
問合せ 国際環境 NGO FoE Japan
     Tel 03-6909-5983
     Fax 03-6909-5986
     E-mail info@foejapan.org
    脱原発2018 in 信州実行委員会
     TEL 026-234-2116
     携帯 090-7251-1912

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について