本文の先頭へ
LNJ Logo 公開講演会「科学論の歴史を振り返る―ルネサンス(14〜16世紀)の事例から」(御茶ノ水駅)
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
Event 1540360369753yl...
Status: published
View


2018/12/01 公開講演会「科学論の歴史を振り返る―ルネサンス(14〜16世紀)の事例から」(御茶ノ水駅)

日本科学史学会では、一般の方を対象とした公開講演会「科学史学校」を開講しています。
聴講料は無料です。
時間:14時〜16時
事前申し込み不要・参加費無料・自由参加

2018年12月1日(土)
講師:東 慎一郎 会員 (東海大学)
演題:「科学論の歴史を振り返る―ルネサンス(14~16世紀)の事例から」
会場:日本大学理工学部駿河台校舎1号館7階171教室(JR御茶ノ水駅より徒歩3分)

科学とは何か、自然現象を研究することの意義は何なのかという問題は、広い意味での科学論の問題である。こうした問題の検討は現代において始まったわけではなく、ヨーロッパでは科学や哲学と同じくらい古い歴史を持つ。講演では、主としてルネサンス期に焦点を絞り、科学的認識の本質や射程、あるいは意義や問題といったものがどのように捉えられていたかを振り返り、その現代的意味について考える。

このページの先頭に戻る

レイバーネット日本 / このサイトに関する連絡は <staff@labornetjp.org> 宛にお願いします。 サイトの記事利用について